名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

しみ(フォトRF)

  • 進化するフォトRF治療

    2010-04-08 UP!     カテゴリー:しみ(フォトRF), 診療だより

    一つの医療機器を使いこなすには2年かかるな、というのが現在の実感です。
    単に私がおバカなだけかもしれませんが・・・。
     
    平成20年5月の開院時よりフォトRF治療を取り入れていました。
    最初はメーカーさんから送られる資料を参考に照射していましたが、満足のいく結果が
    得られないこともありました。悩みました。
     
    日々の照射、その治療結果からのフィードバックを経て、ようやく自信を持てる治療レベルに近づきました。
     
    ここまで2年かかりました。
     
    治療例を参照に私が行うフォトRF治療の変遷、考え方について述べたいと思います。
     
    下の写真は赤ら顔を主訴に受診された方です。

     
    フォトRF治療にはSR とSRA の2つのハンドピースがあります。
    赤ら顔には470~980nm とヘモグロビンへの吸収が高い波長を含むSRA を選択します。

     
    施術1週間後です。本人は「赤ら顔にいいですよ。頬部にハリも出ますね~」とご満悦です。
     
    本題はここからです。
    両頬部に細かい痂皮(micro crust)が出現しているのが分かりますか?

     
    右頬部のアップです。シミの一部に細かい痂皮が出ています。

     
    左側の頬部のアップです。

     
    1ヵ月後です。写真では分かりにくいですが、ほくろは残っていますが頬部のシミが少しだけ
    薄くなっています。
     
     
    もしもこの方の主訴が赤ら顔ではなく、頬部のシミ、くすみだったらどうでしょう?
    私も1回目の照射は標準ハンドピースのSR を選んでいたでしょう。
     
    おそらくこの方はSR で5回照射してもシミの改善は出なかったと思います。
    どんなに照射パワーを上げてもSR では効果が出にくい症例は存在するのです。
     
    思うに、2回治療して効果がない治療は10回治療しても効果がでないのではないでしょうか?
     
    ハンドピースのSR とSRA の違いはなんでしょうか?
    メーカーのカタログからの抜粋です。
    SR   波長 580~980nm、照射時間 ~25ms
    SRA 波長 470~980nm、照射時間 ~13ms

     
    どちらもメラニンに対する波長を持っています。
    シミ治療においては波長以外に照射時間が大きなファクターになっています。
    日本人のしみ治療に25ms という照射時間は長すぎるのかもしれません。
     
    SR にはそのよさもあります。
    日に焼けた人、雀卵斑(ソバカス)の1回目にはSRA は反応が強すぎて使いづらいです。
     
    色白の人のしみ・雀卵斑治療、よそのクリニックで何回も照射を受けた方は1回目からSRAを私は照射します。それでないと効果が出ないのです。
     
    私には標準ハンドピースのSR のみでシミ治療の効果を出す自信がありません。
    SR(Skin Renewal) SRA(Skin Renewal Advance) の2本のハンドピースがあってこそ
    満足のいくフォトRF治療が可能と私は考えています。

     
    治療歴、スキンタイプを考慮してSR とSRA を適切に使い分ける。

    2~3回で治療効果を出す(インターバルは3~4週間)。そして年に1~2回程度のメンテナンス照射を行い効果を持続させる。
     
    2年間のフォトRF照射の経験からこのよのうな結論となりました。
    もちろん私の個人的な考えに過ぎません。

ページの先頭へ