名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

しみ(フォトRF)

  • 皮膚科医が行うフォトRF治療 

    2010-04-15 UP!     カテゴリー:しみ(フォトRF), 診療だより

    彼女のしみの診断は?
     

     
    鼻にも色素斑があることより、主体は肝斑よりは雀卵斑と日光黒子(老人性色素斑)が
    混在したものでしょう。鼻に病変があるかどうかは診断にとても大切なポイントです。
     
    右外眼角部の外側には大きな日光黒子もあります。頬部には毛細血管拡張も見られます。

     
    実は数ヶ月前にQスイッチルビーレーザーを照射しているのです。取り残しです。
    カルテを見ると4J での照射となっています。照射パワーが低すぎましたね。
     
    日ごろブログで大きなことを言っている割にはお粗末です。反省しています。
     
    炎症後色素沈着はいづれ消退するのですから気にすることはない。
    むしろ照射パワーが低すぎることに気をつけないとダメですね。学びました。
     
    話を変えます。
    この方の頬部全体にシミにはフォトRF治療がいいと思います。
    色白な方です。いきなりSRA で照射してもよいでしょう。
     
    SRA 照射終了時の写真です。
    シミの周囲が赤くなっているのが分かりますか? この紅斑反応がすごく大切なのです。
    白く囲んである部分は肝斑を疑った部分です。さすがにこの部分には照射を控えます。

     
    フォトRF治療はダウンタイムが少ない治療とされています。
    結論から言えばダウンタイムがゼロで効果がでるシミ治療は存在しません。
     
    フォトRF治療でもシミを薄くするにはmicro crust と呼ばれる微小な痂皮を生じさせることが必要です。micro crust を生じるかどうかは照射後の紅斑反応の有無と相関しています。
     
    私はこの紅斑反応を目安に照射モードを設定します。
    SRAのいやらしい点はこの紅斑反応が照射して数分経過してから出現するところです。
    レーザーマニュアルには記載されていません。すべて臨床実地より学びました。
     
    私はシミに一発照射して数分待ちます。とても大切なポイントです。
     
    SRA照射1週間後です。micro crust がかなり取れてきました。
    ほどよく照射すれば1回の照射でもこのくらいまでシミは薄くなります。

     
    フォトRF治療は最適な照射条件の選択が大切です。それが医師の仕事です。

ページの先頭へ