名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

しみ(フォトRF)

  • フォトRF治療 【そばかす(雀卵斑)】

    2010-10-11 UP!     カテゴリー:しみ(フォトRF), 診療だより

    そばかすは正式には雀卵斑と呼ばれます。
    学童期に発症し、数ミリ大の褐色斑が両頬・下眼瞼~鼻根部に散在します。
     
    フォトRF治療の最もよい適応は、そばかすであると私は思っています。
     
    もちろんQ-スイッチルビーレーザーで色素斑をひとつずつ照射する方法もありますが、
    ちょっと大変です。
     
    フォトRF治療によるそばかすの治療について思うところを述べます。
     
    56歳の女性です。学童期から出現したそばかすです。
    このような大型のそばかすもあります。

     
    フォトRF治療でSRハンドピースを使用することはまれです。照射時間が長すぎるからです。
    より照射時間が短いSRAハンドピースを用いて照射します。
     
    照射直後の状態です。
    そばかすの周囲にこの程度の紅斑が出現するように出力を調整します。

     
    照射9日後です。1回の照射でこのくらいまでは薄くなります。

     
    なぜか、鼻と下眼瞼は反応がよくないのです。理由はわかりません。
    どなたか教えて下さい。
     
    フォトRFでそばかすに効果が出やすいのは色が濃い1~2回目くらいです。
    色が薄くなるにつれて効果は急速に低くなります。光治療はメラニンに反応するわけですから当然です。
     
    また、フォトRF治療で薄くなったそばかすは早晩必ず色が濃くなってきます。
    そばかす(雀卵斑)の本質が色素異常なのですからこれも当然です。
     
    老人性色素斑と違いそばかすの根治治療はまだありません。
    (Qスイッチルビーレーザー治療では数年治療効果が続きます)
     
    そばかすはフォトRF治療を続けて2~3回くらい行い、年に1~2回のメンテナンス照射を行う。なぜか鼻と下眼瞼の反応が良くないことが多いので鼻と下眼瞼はルビーレーザーを後から併用する。
     
    葛西先生の言葉をお借りするなら「がんばって治療を重ねて完全に治そうなどとは考えずに、ほどほどでやめておき、また目立ってきたら治療しましょう」です。
     
    これこそ理にかなった施術法と思いませんか。
     
     
    参考文献
    シミの治療 葛西健一郎 文光堂

ページの先頭へ