名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

エルビウムヤグレーザー

  • エルビウムヤグレーザー 【フラクショナル照射】

    2010-10-16 UP!     カテゴリー:エルビウムヤグレーザー, 診療だより

    当院ではAsclepion社(ドイツ)のエルビウムヤグレーザー機器を使用して
    フラクショナル照射をしています。

     
    皮膚に一定の間隔で穴を開けるのがフラクショナル照射です。

     
    穴が治癒する際に皮膚が収縮、コラーゲンが増加することによって凹みを引き締める治療
    です。アクネスカー(ニキビ痕)、毛穴の開大の治療に利用される施術です。
     
    フラクショナルレーザーといえば本家であるフラクセル、アファームが有名ですが、
    eCO2(エコツー)など炭酸ガスレーザーでのフラクショナル照射が注目されてきています。
     
    私はエルビウムヤグレーザーによるフラクショナル照射を使用して効果を上げています。
    水分吸収率が炭酸ガスレーザーの10倍高いため、麻酔なしでの施術が可能です。
     
    百聞は一見にしかず。症例をお見せします。57歳のナイスな女性です。
    鼻と頬部の毛穴の開きが主訴です。

     
    エルビウムヤグレーザーによるフラクショナル照射後です。
    結構赤くなりますよ。ダウンタイムがかなりでる治療です。

     
    鼻です。わりときつい治療です。

     
    私から一言。
    鼻の毛穴を引き締めるのにはこれくらいの治療をしないと十分な効果はでないでしょう。
    ケミカルピーリング、フォトRF治療・・・どれも効果は不十分でした。
    カーボンピーリング、なんですかそれは?
     
    ①回目のエルビウムフラクショナル照射前の写真です。

     
    施術9日目です。鼻は発赤が引いてきました。頬とくらべると鼻は皮膚が強いです。

     
    施術16日目です。いい感じで毛穴が締まってきていますよ。肌のハリも出てきました。

     
    通常は2ヶ月間隔で3回以上照射します。2ヶ月かけてじわじわと効いて来ます。
     
    はっきりと言います。毛穴治療はとても難しいです。
    エルビウムヤグレーザーによるフラクショナル照射でも効果が不十分な症例もあります。
     
    シミ、しわ治療のほうが断然結果を出しやすいです。
    いろいろと照射法を工夫しならがら毛穴治療しているのが現状です。

ページの先頭へ