名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

新着情報

新着情報

  • 朝日新聞 12月23日号 宣伝広告

    2011-12-26 UP!     カテゴリー:新着情報

    2011年12月23日号の朝日新聞。
     
    30ページの広告特集で腱膜性眼瞼下垂症が特集されています。
    愛知医科大学形成外科の横尾和久先生が解説されています。くしゃくしゃですみません。

     
    私は中京病院皮膚科に勤務している時に一度だけ横尾先生の手術助手についたことが
    あります。頚部の海綿状血管腫だったのを覚えています。人格・技量とも素晴らしい先生です。
     
    便乗して眼瞼下垂手術の広告を出してしまいました。

     
    西堀先生は相変わらず男前やな~。
    西堀形成外科はいいですよ。中京病院でいっしょでした。バリバリの形成外科医です。
    私は週に一回、形成外科を回っていたので仲が良いのです。いい先生でした。
    藤ヶ丘近辺にお住まいの方は絶対ここですよ!
     
    私は広告を大きく出しすぎましたね。とても下品でした。反省しています。
     
    基本的に私が行う腱膜性眼瞼下垂手術は自費診療です。
     
    単なるタッキング手術なら簡単なのです。それでは眼瞼の構造が変わらない。
    眼瞼下垂手術とは眼瞼の構造を変える手術なのです。
    ただ眼瞼が上がればよいという単純なものではないのです。
     
    デザインに15分かけて、眼窩隔膜開いて挙筋腱膜を前転、瞼板とベストな位置で固定。
    何度も患者さんに起きていただき左右差をチェック。
    6-0 プロリン糸でベストの位置に瞼板固定して7-0 黒ナイロンで丁寧に皮膚縫合する。
    整容的な観点を考慮してしつこく修正すると90分はかかります。
    だから自費診療なのです。ご了承くださいませ。

ページの先頭へ