名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

その他

  • 第10回 日本臨床ラジオ波手術研究会学術集会

    2012-10-21 UP!     カテゴリー:その他, 診療だより

    下を向いて神妙な顔をしています。判決を待つ被告人のようです。
    何かしでかしたのでしょうか・・・。

     
    そんなわけないでしょう(笑)。
     
    第10回日本臨床ラジオ波手術研究会学術集会に参加してきました。

     
    約30年前に白壁征夫先生(サフォクリニッ院長)がエルマン社のサージトロンをアメリカから
    持ち帰り日本でもサージトロンが普及しました。
     
    4.0MHzの高周波ラジオ波メスは、その周波数特性により低侵襲な手術が可能です。
     
    今回の10回記念学術集会は形成外科、産婦人科、整形外科、耳鼻咽喉科、脳神経外科、
    皮膚科とさまざまな科のエキスパートが集まり大いに盛り上がりました。
     
    これだけ複数の診療科が一同に集まって行われる学会は他にはないでしょう。
     
    辻 芳之先生(神戸アデベンチスト病院産婦人科)の卵管、卵巣機能に細心の注意を払った腹腔鏡手術、
    赤井文治准教授(近畿大学境病院脳神経外科)の神経内視鏡手術による脳室内の髄液内操作、
    矢部多加夫先生(都立広尾病院耳鼻咽喉科)の鼓膜切開など科を越えて勉強になること大でした。
     
     
    私は眼瞼下垂手術、筋層内の脂肪腫などを発表しました。

     
     
    脂肪腫の多くは皮下脂肪組織内ですが、時に筋層内に局在するものもあります。
    下の写真は広背筋を切開して脂肪腫を露出している所見です。

     
     
    サージトロンを使用することで筋層内脂肪腫の低侵襲手術が可能です。

     
    座長をして下さった日本医科大学武蔵小杉病院形成外科の村上正洋教授、有難うございます。
    村上教授は実家が当院の近くということで大いに盛り上がりました。
     
    研究会では素晴らしいドクターと知り合えるのも大きな魅力です。
     
    学術集会では各ドクターが意見を持ち寄りサージトロン電極の開発について話し合いました。
    臨床の現場から米国製造メーカーへ希望をフィードバックして商品化する、日本発世界へ!

     
    大変実りある学術集会でした。
     
    ところでDerma No.197 最新号が手元に届きました。

     
    本書の中で「サージトロンによる手術の基本と応用」を執筆しました。
    どうやら最近の私はサージトロン贔屓のようですね。
     
    多方面から講演、執筆依頼のお声をかけて頂き、私はどえらい幸せな皮膚科医です。

ページの先頭へ