名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

エルビウムヤグレーザー

  • 第112 回 日本皮膚科学会総会

    2013-06-17 UP!     カテゴリー:エルビウムヤグレーザー, 診療だより

    日本皮膚科学会総会は皮膚科で最も大きい学会です。
    112 回という長い歴史があります。
     
    このような格式が高い学会で、2つも講演させて頂く機会に恵まれました。
     
    会場は横浜インターコンチネンタルです。

     
     
    モーニングセミナーでは、エルビウムヤグレーザーについて講演。

     
     
    100人以上収容できる部屋でしたが、立ち見の先生方がいらっしゃるほど盛況でした。
     
    私のほかに、北野幸恵先生が脱毛理論についてご講演されました。
    北野先生の脱毛理論は相変わらず、素晴らしかったです。
     
    私のセッションでは陥凹の修正などについて、質疑応答も白熱しました。
     
    葛西健一郎先生、多忙の中、司会をありがとうございました。
     
    内容の一部を供覧します。
     
    25歳男性。鼻に生じた、水痘後の陥凹性瘢痕です。
    炎症後色素沈着もあります。

     
     
    瘢痕部を含めて、一回り広く、エルビウムヤグレーザーで照射します。
    削る深さがポイントです。

     
     
    治療6ヵ月後です。
    完全に治るわけではありませんが、目立たなくすることは可能です。

     
     
    陥凹の修正は、少しずつ、丁寧に陥凹を削っていかなくてはなりません。
    炭酸ガスレーザーは蓄熱されやすいため、この操作は不向きです。

     
     
    陥凹の修正は、
    炭酸ガスレーザーより、エルビウムヤグレーザーが優れています。
     
     
    ハンズオンセミナーではサージトロンの講師を務めさせて頂きました。

     
     
    サージトロンS5を用い、豚肉、タコを実際に切りながら講演します。

     
     
    みなさん、お上手ですね。私も楽しかったです。
     
    皮膚外科&美容外科を専門とする私にとって、
    エルビウムヤグレーザーとサージトロンは治療の2枚看板です。
     
    毎年、内容を深めていきたいですね。

ページの先頭へ