名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

眼瞼リフト

  • 美容虎の穴 下眼瞼手術

    2013-07-08 UP!     カテゴリー:眼瞼リフト, 診療だより

    山本美容塾(JASS)が大変なことになっています。
     
    熱気がすごいのです。西永福に熱帯高気圧が発生しています。
     
    前回の池田欣生に続いて、久保隆之先生が登場です。
     
    久保先生は日本で下眼瞼のくま治療を広めた第一人者です。
    皮膚を切らず、結膜から眼窩脂肪を摘出するオーソリティーです。
     
    生き馬の目を抜く、美容激戦区銀座で勝ち残った先生です。
     
    銀座キューヴォ クリニック 久保隆之先生。天才肌の先生です。
    下眼瞼除脂術は6,000例以上の経験をお持ちです。信じられない!

     
     
    山本塾長と久保先生の夢の競演。

     
     
    眼窩脂肪の下垂に伴う溝(tear trough)を治療します。

     
     
    この症例では、経皮的アプローチで眼窩脂肪をtear trough に移動させ、溝を目立たなくします
    (fat repositioning)。 眼窩脂肪を切除せず、眼窩下縁骨膜に縫合します(Hamra法)。

     
     
    次の症例は眼窩脂肪の突出(baggy eyelids)を皮膚を切らず、経結膜的にアプローチします。
     
    久保先生の経結膜除脂術はすばらしいの一言でした。

     
     
    経結膜除脂術は当院でも人気のメニューの一つです。
    多くの美容外科医がそうであるように、私も眼窩脂肪の後方よりアプローチしています。
     
    久保先生は眼輪筋の直下より、隔膜前アプローチにて、眼窩隔膜をきれいに摘出して、
    眼窩脂肪を取り出していました。
     
    目のクマが2つに分かれているようなタイプの人(Double-convexity type)は眼窩隔膜を
    きれいに剥がし取らないとその形態は改善しません。
     
    久保先生曰く、
    「アメリカでは隔膜前アプローチが主流であり、この術式が理にかなっています。」
     
    目のクマのタイプによって、眼窩脂肪へのアプローチを選択するのがよいのでしょうか。
     
    このことは大いに参考になりました。
     
     
    講習会が終わり、充実感がみなぎり、ハイテンションな私です。
    嫌がる久保先生を無理やり、引き寄せての記念撮影です。

     
     
    熱い、情熱熱風セレナーデな一日でした。JASSは昇り竜の勢いです。

ページの先頭へ