名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

粉瘤

  • 粉瘤 -皮膚外科で治す-

    2014-03-12 UP!     カテゴリー:粉瘤, 診療だより

    しつこく、粉瘤について。

    ブログに協力して下さった患者さまに、心より感謝します。

    21歳のギャルです。
    2年前より、左頬にしこりが出てきたと。

    口を膨らませると、このような感じに盛り上がります。

     

    1年前に地元の市民病院形成外科を受診。
    悪いものではないので、放っておけばよいと。

    ちょっと無責任すぎませんか・・・。

    放置しても、なくなることはありません。
    どんどん育つか、化膿するか。

    どちらも嫌です。

    平成26年2月初旬に、当院を受診されました。
    粉瘤は深く、咬筋を圧迫しています。

     

    当院で行っている、くりぬき法について説明しました。
    なかなか話がかみ合わず、残念ですが、その日は物別れ。

    このようなことが、時々あります。
    1週間後に再診されました。

    当院を受診したすぐ後に、某大学病院形成外科を受診。
    傷痕のことを、いろいろと言われたそうです。

    ご本人がくりぬき法についてお話したところ、それをやっている病院で
    治療を受けたほうがよいと。

    なんのこっちゃ(笑)。

    くりぬき法は粉瘤のヘソをダイレクトにくり抜くことが大切です。

     

    余談ですが、メスでまともに切除縫縮したら、大きな傷になりますね。
    若い女性の顔に、大きな傷をつけたくはありません。

    4mm トレパンでくり抜き、しっかりと粥状物を出し切ります。

     

    嚢腫壁が出てきました。こんにちは。
    チタン製のアイリス剪刃で、剥離して取り出します。

     

    丸く穴をあけましたが、皮膚の緊張で皮膚割線に沿った
    楕円形になります。

     

    しばらくは厳重な閉鎖療法を行ってもらいます。
    傷をきれいにするには、患者さんの努力もとても大切です。

    手術13日目です。半年もすれば目立たなくなります。
    患者さんも満足されて、私も嬉しいです。

     

    病理組織標本です。切り出し作業でぶつ切りされていますが、
    しっかりと全摘できていますよ。

     

    皮膚外科で行う、粉瘤手術。 よいでしょう?

    私たち皮膚外科医は日本皮膚外科学会を通して、切磋琢磨し合い、
    よりよい医療技術を追求し続けています。

ページの先頭へ