名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

粉瘤

  • 粉瘤 -大きくなる前に-

    2014-04-27 UP!     カテゴリー:粉瘤, 診療だより

    粉瘤は大きく育つと、治療も大変です。

    ブログに協力頂いた患者さまに感謝します。

    36歳の男性です。医療関係の患者さまです。

    ずいぶんと育てましたね。
    営業のかたが、ここまで放置してはいけません(笑)。

     

    小さな傷を希望されて、わざわざ東京から起こしになりました。
    東京から来れるのは珍しくありませんが、大きいです。

    触診から粉瘤であることは、わかります。

    腫瘤は鼻腔入り口まで広がっています。
    圧迫すると皮膚が白くなる部分があります。ここだな!

     

    エコー検査です。大きいですが、嚢腫壁の境界は明瞭です。
    下は筋層に近いですね。

     

    4mm トレパンでくり抜き、内容物をもみ出します。
    すごい量の粥状物です。

     

    嚢腫壁をきれいに摘出することが、手術のポイントです。

     

    なんとか、取り出しました。袋を広げます。

     

    もう大丈夫です。
    穴は10日くらいでふさがります。

     

    1年もすれば、傷はほとんど目だたなくなります。
    が、毛がない部分が数ミリできてしまいます。

    鼻腔まで広がっていなければ、下の図のようなアプローチも
    可能です。傷は鼻腔のラインに隠れます。

     

    最善を尽くしたつもりでも、反省することもあります。

    皮膚外科の道は深遠です。

    だからこそ、生涯をかけてやる価値があるのです。

ページの先頭へ