名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

血管腫

  • 老人性血管腫 -いろいろな治療法-

    2014-05-22 UP!     カテゴリー:血管腫, 診療だより

    胸にできる赤いぷつぷつ。

    なぜか、女性に多いようです。
    気にされる人は、すごく気にします。

    ブログに協力して頂き、ありがとうございます。

    28歳の女性です。
    頚の赤いできものを気にされて受診されました。

     

    アップです。鮮紅色の丘疹がいくつかあります。

     

    ダーモスコピー診断です。血管が大きく拡張しています。老人性血管腫の像です。

     

    数年前まで、老人性血管腫を高周波ラジオ波メス(サージトロン)、エルビウムヤグレーザーで 治療していました。

    ロングパルスヤグレーザーを導入してからは、こちらも治療に用います。

    ロングパルスヤグレーザーで照射しました。治療は一瞬です。黒くなりました。

     

    黒く変化したものをダーモスコピーで確認します。みごとに変化しています。
    レーザー照射で熱くなった赤血球が血管壁を破壊します。

     

    治療して1週間です。カサブタが浮き上がってきています。

     

    治療して1ヵ月後です。紅斑が残りますが、かなりすっきりしました。
    3ヶ月も経てば、分からなくなるでしょう。本人さんも満足していました。

     

    もう一度、治療前のダーモスコピー。

     

    ロングパルスヤグレーザー照射1ヶ月後のダーモスコピー。
    大きく拡張した血管は跡形もなく消退しています。

     

    頚、胸の老人性血管腫(cherry angioma)は、きれいに治療することが可能です。

    以前はエルビウムヤグレーザーで照射していました。

    最近の第一選択はロングパルスヤグレーザーです。

    これで反応が悪い場合(赤色が変化しない)は、高周波ラジオ波メスで治療します。

    治療の選択肢が複数あったほうが、安心、安全、確実です。

    胸は肥厚性瘢痕になりやすい部位なので、注意が必要です。
    よりよい治療を提供できるよう、がんばります。

ページの先頭へ