名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

皮膚腫瘍

  • 耳のできもの -軟毛嚢腫-

    2014-07-11 UP!     カテゴリー:皮膚腫瘍, 診療だより

    皮膚腫瘍はさまざまな物があります。

    私も診断に苦慮することがあります。

    今回は、20歳男性の耳介後部に発生した腫瘍です。
    ブログに協力していただき、ありがとうございます。

    左耳介後部の青く透けるやわらかい腫瘍です。
    10年くらい前よりあるとのこと。

     

    高校生の時に、耳鼻咽喉科で針でつかれ、黄色の透明内容液が
    出たそうです。

    う~む、これは難しいです。

    リンパ管腫などを疑いました。

    耳介つけ根のラインをしっかりとマーキングします。

     

    単純縫縮させたいので、切除する皮膚はなるべく少なくします。
    薄い被膜をもつゲル状の塊が見えました。

     

    しっかりと摘出します。

     

    さて、縫えるのか?

    きれいに縫合しました。

     

    切除した検体です。わかりづらいですが、複数の毛が入っています。

     

    病理組織検査です。さあ、なんでしょう?

     

    袋の中にたくさんの毛があります。

     

    軟毛嚢腫(vellus hair cyst)の所見です。

    皮膚腫瘍はたくさんの種類があります。全身のどこにでも生じます。
    私はどの部位でも執刀します。

    今回は、私も術前診断に悩みました。

    もっと診断能力を高めないといけませんね。

    手術をうけた20歳のヤングボーイはすっきりとしたと、とても
    喜ばれていました。

ページの先頭へ