名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

眼瞼リフト

  • 目の下のクマ -経結膜除脂術-

    2015-02-22 UP!     カテゴリー:眼瞼リフト, 診療だより

     今さらですが、目の下のクマについて。

     目の下のクマにはいろいろな種類があります。
     クマの種類によって治療法も異なります。

     下眼瞼の眼窩脂肪の突出によってできるクマは手術が
     有効です。

     手術法もさまざまです。
     当院ではダウンタイムが短い経結膜除脂術が人気です。

     結膜を少しだけカットして脂肪を取る方法です。
     切らない治療と名称している先生もいます。

     この手術の最大の利点は「傷が表面につかない」だと思います。

     ご協力いただいた患者さまには、この場をお借りして深く感謝します。

     53歳の女性です。目のクマ(膨らみ)が気になってきたそうです。
    画像 31509 B

     小じわが多い場合は皮膚を切除するハムラ法が適応です。
     この症例では小じわは少ないので、経結膜除脂術を選択しました。

     結膜に極細の痛くない針で麻酔をします。
     1cm ほど切開して、眼窩脂肪を適量取ります。

     左眼です。角膜を金属性のコンタクトレンズで保護して執刀します。
     1cmの切開線から眼窩脂肪を結膜から露出させます。
    画像 31513 B

     手術は、局所麻酔後に、結膜にレーザーで穴を開けて脂肪を取り出すのですが、出血をさせずに
     取り出すのが最大のポイントです。

     右眼です。眼窩脂肪は取りすぎないことがポイントです。
    画像 31515 B

     

     眼窩脂肪も多く取りすぎると ‘老け顔’ になってしまうので注意が必要です。
     術者のセンスが問われるところです。

     手術前の右眼です。
    画像 31510 B

     手術直後の右眼です。少し赤くなりますが、ダウンタイムはこの程度です。
    画像 31523 B

     手術前の左眼です。
    画像 31511 B

     手術直後の左眼です。
    画像 31524 B

     手術なのでダウンタイムはあります。

     数日は下眼瞼に発赤があります。これはお化粧で隠せます。
     ときに紫斑を生じることがあります。ごめんなちゃい。

     手術して1週間くらいは、目やにが多くでます。

     皮膚を切る手術よりはかなりダウンタイムは少ないと思います。
     まれに眼球を圧迫することで白目が赤くなることもあります。

     術後に一時的に小じわが目立つことがありますね。
     多くの場合は2~3ヶ月で元に戻ります。

     目の下のクマを治すことで、ゴルゴラインが目立つ人がいます。
     ヒアルロン酸、PRP療法などで改善できます。

     目のクマの治療は目全体のトータルなバランスで考える必要があります。
     興味があるかたはお気軽にお越しください。

     Key word  [目の下のたるみ、脱脂、目の下の膨らみ、目の若返り、目の下くま]

ページの先頭へ