名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

しみ(ルビーレーザー)

  • シミ治療 -炎症後色素沈着について-

    2015-06-11 UP!     カテゴリー:しみ(ルビーレーザー), 診療だより

     シミ治療を見渡すと、まだまだ誤解しているドクターが多いようです。

     私のブログはドクターの閲覧も多いので、あえて忌憚無き意見を
     述べます。

     ブログに協力頂いた患者さまに深謝いたします。
     患者さんの善意でこのブログは成り立っています。

     42歳の女性です。

     10年前にお顔のシミ(老人性色素斑)にフォトフェイシャルを施行。
     効果が無いため、他のG美容皮膚科を受診されました。

     この患者さんが最も気にされているシミは、右こめかみの老人性色素斑です。

     G皮膚科ではロングパルスアレキサンドライトを7回施行。

     それでも効果が無いので、平成26年9月16日と10月16日の2回にわたり、
     Qスイッチアレキサンドライトレーザーを施行されています。

     当院初診時のお写真です。最後にレーザー治療を受けて1ヶ月半です。
    画像 46094

     
     おわかりでしょうか?

     色むらがあるまだらな色素斑です。
     炎症後色素沈着の所見です。

     ダーモスコピー像です。老人性色素斑に比べて、色素が網目状です。
    画像 46085

      
     患者さまはすぐにでもレーザー治療を希望されています。
     実はG皮膚科で1ヵ月後にQアレックスの予約が入っているそうです。

     これはかなりおかしな状況です。

     短期間に同じ病変にQスイッチレーザーを照射することは不合理です。

     患者さんには現在の状況はシミの取り残しではなく、レーザー後に生じる
     一過性の炎症後色素沈着であることを説明しました。

     とにかく、何もしないで待つこと!

     2ヶ月半のお写真。すこし薄くなりました。
    画像 46843

     
     4ヶ月半のお写真。急速に改善しています。
    画像 48152!

     
     6ヵ月後のお写真です。だいたいなくなりましたね。
    画像 49084!

     

     この経過から、待つことがいかに大切かがお分かりになると思います。

     Qスイッチアレキサンドライト照射なので、数年したらシミが再発する可能性はあります。
     その時はQスイッチルビーレーザーで照射すればよいでしょう。

     この患者さんは私を信じて、6ヶ月通院してくれました。ありがたいことです。
     美容治療は患者さんと医師の信頼関係が絶対条件です。

     それにしてもG皮膚科は、なぜ短期間にQスイッチレーザーを3回も照射しようと
     したのか?

     正直に言うと、美容皮膚科はこの程度のドクターのほうが多いのです。

     7回も行ったロングパルスアレキサンドライトレーザーも、私に言わせれば戯れです。

     レーザー治療の適応と理論を本気で勉強しましょう。

ページの先頭へ