名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

粉瘤

  • 粉瘤 -炎症について-

    2015-11-10 UP!     カテゴリー:粉瘤, 診療だより

     数年ぶりに粉瘤について書きました。

     粉瘤はアテローム、表皮嚢胞などとも呼ばれます。

     表皮が真皮内に下掘れして嚢胞ができると私は習いました。

     粉瘤は毛嚢の非常に浅い部位が狭窄することにより、毛嚢漏斗部が
     拡張して貯留性の嚢胞となるようです。
     (みき先生の皮膚病理診断 ABC ②付属器系病変より)

     粉瘤は放置してよいか? 早期に手術すべきか?

     これは難しい問題ですね。

     放置して粉瘤がなくなることはなく、次第に大きくなります。
     一番やっかいなのは、粉瘤は炎症を生じる頻度が高いことです。

     55歳の女性です。左頚部に小さな粉瘤があります。
    画像 52579

     

     この粉瘤のエコー像です。
     小さな粉瘤では、エコー像も典型像が描出されません。
     下に大きな血管があるのが恐いですね。
    粉瘤 エコー

     

     2mm トレパンを用いたくりぬき法で摘出します。
    画像 52632

     

     摘出した粉瘤の病理組織検査です。

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

      拡大像です。

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

     粉瘤の袋の下が破れて、中身(ケラチン)が飛び出ているのが分かります。
     ここから異物反応が生じ、強い炎症反応へと移行します。

     粉瘤のへそから細菌感染が始まり、炎症が広がると考えられていました。

     ①赤く炎症を生じた部位が、へそから離れていることが多い。
     ②抗生物質を投与しても、炎症が改善されない。

     上記の2点をしばしば経験します。

     粉瘤の炎症の始まりが、袋からケラチンがこぼれることによる異物反応ならば
     上記2点も納得できます。

     この見解は、第114回日本皮膚科学会総会で大阪医療センター皮膚科の
     為政大幾先生が発表されていました。

     やはり学会には参加して、勉強を続けることは大切です。
     この歳になっても、得るものが多いです。

     粉瘤は積極的に取るべきかどうか?

     なんでもかんでも取る必要はないと思います。
     臭いや見た目などが気になるようなら、取ればいいと考えています。

     顔などは粉瘤が小さくとも、炎症が生じる前に切除したほうがよいでしょうね。

ページの先頭へ