名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

眼瞼下垂

  • 眼瞼下垂修正手術  ごめんね?

    2015-11-26 UP!     カテゴリー:眼瞼下垂, 診療だより

     私も眼瞼下垂の修正手術をずいぶんと手がけてきましたが、
     驚かされることがしばしばあります。

     今回は驚きの症例について。サブタイトルは「ごめんね」。

     ブログにご協力頂いた患者さまに心より感謝いたします。

     51歳の女性です。
     名古屋市内の総合病院形成外科で眼瞼下垂手術を受けられました。
     左の瞼が上がらないと。
    術前 開瞼

     下を向いた状態の写真です。左の瞼に注目してください。
    術前 閉瞼

     

     ハードコンタクト性眼瞼下垂です。
     「簡単な手術ですよ」と勤務先の形成外科の女医さんに手術を勧められました。

     左眼はまったく改善せず、むしろ瞼が重たくなりました。
     左眼は2回の修正術を含め計3回の手術を受けました。

     修正術は2回とも皮膚を切除するだけの手術だったそうです。

     結局、左眼は改善されず、
     執刀医の女医さんからは「ごめんね!」ですまされたそうです。

     ごめんね、涙。
     田原俊彦、じゃないよね。

     何度もメスが入っていると、瘢痕で修正術の難易度があがります。

     修正術を引き受けるかどうか悩みましたが、後輩医師からの紹介であったこと、
     患者さまが勤務する病院は私もご縁があることより引き受けさせて頂きました。

     前医で皮膚をかなり切られているので、皮膚切除は最小限にします。
     睫毛からの重瞼線の距離が揃うようにデザインします。
    手術デザイン

     

     左眼の手術野です。
     信州大学方式とのふれこみで手術されたそうですが、眼窩隔膜は切開されておらず、
     信州大学方式ではありません。まあ、患者さんにはわかりませんよね。
    挙筋腱膜

     

     瞼板を露出します。おや? 瞼板に糸がない・・・
    瞼板

     

     まさか・・・。
     挙筋腱膜からの糸は瞼板でなく、ミュラー筋に縫合されている。
     これでは瞼は上がりません。むしろ瞼の挙上を妨げています。
    ミュラー筋への糸

     

     ミュラー筋の全層に糸が縫合。結膜だいじょうぶか?
    ミュラー筋奥

     

     執刀医は瞼板に縫合したつもりでミュラー筋に縫合したのでしょう。
     ありがちな過ちですが、これはいただけません。

     瞼板は硬いので糸を縫いつけるときに抵抗があります。
     この抵抗を感じながら縫合するのが原則です。

     術中に患者さんに聞いてしまいました(ほんとうはいけないことです)。
     なんで同じ先生に3回も手術してもらったの?

     「勤務先の総合病院に形成外科医は複数いますが、眼瞼下垂手術ができる
     先生はその女医さんだけだったので‥‥」

     ぎゃふん!!

     ミュラー筋に絡まった糸を外すのは大変でしたが、挙筋腱膜をミュラー筋から
     剥離同定して瞼板へ縫合。

     手術1週間後、抜糸直後です。この時期は腫れています。
     腫れていますが、眼が開けやすいと。
    術後 1W

     

     手術1ヵ月後です。3回も手術を受けているのでまだむくみがあります。
     左眼が開くようになり嬉しいと。
    術後 開瞼

     眼を閉じた状態です。まだ創が赤いですが、半年ほどで消えます。
    術後 閉瞼

     

     手術前の眼を伏せた写真です。一生このままではお気の毒です。
    術前 閉瞼

     

     写真の見てお分かりのように眼瞼内部の手術を行うことで、眼を閉じたときの
     傷の状態もずいぶんと改善します。

     いろいろと思うところの多い症例でした。

     ①挙筋腱膜を瞼板に縫合せずにミュラー筋に縫合する初歩的なミス。
     ②左眼が開かない理由を深く考えず、皮膚縫合のみを2回も行う安易さ。
     ③眼瞼下垂手術を簡単な手術だからと軽く勧める軽率さ。

     眼瞼下垂手術は簡単ではありません。
     全身全霊をぶつけても、満足していただけないこともあります。

     それにしても、「ごめんね!」ですまされてしまい、患者さまはお気の毒と言うか・・・。

     眼瞼下垂手術は修正手術のほうが難易度がずっと上がります。

     普段から修正手術を行っている医師のほうが、初回手術も安心してまかせられる
     のかもしれませんね。

     眼瞼下垂修正手術に関して、
     いろいろな症例で山本クリニック(新宿三丁目)山本 豊先生にたくさんの
     アドバイスを頂いてきました。

     この場をかりて深謝いたします。

ページの先頭へ