名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

眼瞼下垂

  • こんなのはイヤだ!幅広な二重ライン -他院修正-

    2017-04-05 UP!     カテゴリー:眼瞼下垂, 診療だより

     

     ブログに協力くださった患者さまに深謝します。
     片側の眼のみという条件で協力いただきました。

     34歳の女性です。
     26歳の時、博多の美容外科で切開式重瞼の手術を受けられたそうです。

     二重の幅は広く、瞼も少し重いとのこと。

     

     重瞼幅が広く、重瞼線が凹んでいるのがわかります。

     

     幅広の重瞼線を改善したいと言われました。

     幅広の重瞼線を狭くするのはいがいに難しいです。
     皮膚を切除すればよいという単純な話ではありません。

     瘢痕を切除するだけの最小限に皮膚を切除します。

     

     挙筋腱膜の損傷はありませんが、挙筋腱膜の上にナイロン糸が
     縫合されていました。

     

     二重のラインが取れないように睫側の眼輪筋と瞼板を固定する
     ことがあります(アンカリング)。

     この症例では瞼板に縫合するナイロン糸が挙筋腱膜に縫合されて
     しまったと推測されます。

     挙筋腱膜に引っかかった糸が挙筋腱膜の動きを悪くしていたので
     しょう。

     解剖をよく知らない先生にありがちな例です。

     余分な糸を外して、挙筋腱膜をミュラー筋から剥離して前転します。
     術中に座ってもらい眼の上がりを確認したところです。

     楽に開瞼できるようになりました。

     

     眼の挙げすぎには注意が必要です。
     眼が挙がることで、二重の折込がよくなり重瞼幅が狭くなります。

     手術が終了したところです。

     

     抜糸した時点では瞼の腫れがあります。
     修正術ではより腫れる傾向にあります。

     術後1ヵ月後の写真です。
     眼が開けやすくなり、重瞼幅が狭くなっています。

     

     しつこく術前(左)と術後1ヵ月後(右)の写真です。

     

     まだ少しむくみがありますが、もう少しすっきりします。

     切開式重瞼術、眼瞼下垂手術、どちらも最初の手術がもっとも大切です。
     担当医は時間をけけてじっくりと選びたいですね。

ページの先頭へ