名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

粉瘤

  • 粉瘤 -ダメなくり抜き法-

    2017-04-19 UP!     カテゴリー:粉瘤, 診療だより

     私が開業したのが平成20年5月です。

     その頃は粉瘤のくり抜き法を行う医療施設は少なかったです。

     このブログの影響か、くり抜き法を行う病院が増えてきました。
     なかには首を傾げざるをえないことを行う医師もいます。

     今回は病院選びの重要性について。

     55歳の男性です。
     右頬に立派に育った粉瘤があります。

     

     エコー検査です。
     粉瘤が咬筋ちかくまで発育しています。

     

     平成26年に名古屋市の総合病院皮膚科を受診されています。

     ちなみにそこの病院では皮膚科の常勤はいません。
     アルバイトの先生で皮膚科外来が回っています。

     そこでの治療が理解できません。

     当院での会話です。

     患者さん 「右頬のできものを見てもらったのですが、穴を開ける治療が
            痕が目立たなくてよいと言われました。
            その日にいきなり麻酔して穴を開けられ、これ以上は神経が
            なんとかと言われてすぐに終わりました。
            なんか変だなと思いました。」
     私     「穴をあけるのはくり抜き法ですが、腫瘍はなくなりましたか?」
     患者さん 「それがほどんど変わっていませんでした。がっかりしました。」
     私     「穴をあけたが、びびって止めてしまったのでしょう。
            ちなみに手術室で治療されましたか?」
     患者さん 「いや、診察室の小さなベッドでした。」
     私     「・・・」

     粉瘤くり抜き法がこのブログで広まりましたが、素人ドクターによる不適切な
     治療も目立ちます。

     上記の患者さんはまさにやられ損です。

     粉瘤くり抜き法といえども、手術です。処置ではありません。
     手術室を予約してルーペなどを用いてしっかりと治療すべきです。

     SSクリニックの手術室。

     

     手術室の無影灯で穴の中をしっかりと照らして袋を取りきります。

     

     なんちゃってくり抜き法で再発して当院を受診される患者さんが増えてきました。

     バイトの素人ドクターが処置室で行うくり抜き法、経験あるドクターが手術室で行う
     くり抜き法。

     あなたはどちらを選びますか?

ページの先頭へ