名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

ボトックス

  • ワキの多汗症 -ボトックスで治す!-

    2017-06-27 UP!     カテゴリー:ボトックス, 診療だより

     春から夏にかけ急にワキの汗が増えてきます。
     
     ミラドライなどよい治療がありますが、ボトックス治療も人気の治療です。
     
     痛みに弱いかたには麻酔クリームを塗布します。

     
     
     治療する大まかな範囲をマーキングします。

     
     
     私が都内有名形成外科医に教えていただいたスレッドテクニック。
     30Gロング針で線状にボトックス溶液を注入します。

     
     
     アラガン社のボトックス講習会で習うのは点状に注入する
     パンクチュアーテクニック。

     
     
     それぞれの注入法のよさがあります。
     患者さんのワキの皮膚の状態、発汗範囲を確認して使い分けています。
     
     私の経験では、効果は8ヶ月くらい持ちます。
     
     治療前の汗の量が10としたら治療後は2くらいまで減ります。
     たまに汗がまったく出なくなる人に遭遇します。
     
     ワキ汗のボトックス治療は手軽でよい治療だと思います。
     
     ワキ汗のボトックス治療、重症のかたは保険の対象となることがあります。

ページの先頭へ