名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

眼瞼下垂

  • 眼瞼下垂修正術 -5度目の正直-

    2017-11-17 UP!     カテゴリー:眼瞼下垂, 診療だより

     
     当院は眼瞼下垂手術を応用した他院眼瞼手術の修正を積極的に行っています。
     
     今回ご協力いただく患者さんは33歳の女性です。
     左眼のみという条件で承諾をいただきました。
     
     27歳のとき大阪の美容外科で部分切開による重瞼手術を受けたことから
     すべてが始まります。
     
     重瞼線の陥凹が目立つため、大阪の別の美容外科で修正。
     睫側の皮膚が凹んでしまいました。
     
     大阪のさらに別の美容外科で凹んだ部位に脂肪移植を受けるが、
     もっこりとし過ぎたそうです。
     
     チェーン美容外科大阪院で脱脂術を受けるが、ぎゃくに凹みが
     気になるようになりました。
     
     
     こうなると「いたちごっこ」です。
     最初に手術を受ける病院がいかに大切かがわかります。
     
     
     当院初診時のお写真です。

     
     
     これだけ複数回の手術を受けていると、挙筋腱膜が傷ついていないか心配です。
     
     なんとなく瞼が重そうにも感じます。
     
     手術デザインです。凹んだ重瞼線を切除します。


     
     
     皮膚と眼輪筋を切除して驚きました。いきなり瞼板が露出したからです。

     
     
     瞼を挙げる挙筋腱膜が全長にわたって切られています。
     何回目の手術で切られてしまったのでしょうか?
     
     挙筋腱膜を探し出します。
     
     
     
     挙筋腱膜を前転したところです。

     
     
     挙筋腱膜を適正な位置に瞼板固定します。

     
     
     手術が終了したところです。


     
     
     手術6日目に抜糸しました。修正手術は通常より腫れが目立ちます。
     この時期は担当医を信じてもらいます。


     
     
     手術3ヵ月後です。左が手術前、右が手術後です。
     両眼が開けやすくなり、重瞼線の凹みも目立たなくなりました。

     
     
     今回の患者さんを通して、最初の手術がとても大切であることがわかります。
     
     今回の手術は私的には80点くらいの出来です。
     
     反省店としては重瞼ライン消失予防にアンカリングをしたことです。
     これは余分だった気がします。
     
     瞼の手術を行う美容外科医には眼瞼の構造を熟知していない輩も多くいます。
     だからこそこのような不幸な患者さんが出てくるのです。
     
     担当医選びがとても重要です。
     担当医との相性もありますので、まずはいいかなと思った医師の診察を受けてください。
     
     すぐに手術を勧める医師には注意が必要ですね。

ページの先頭へ