名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

SSクリニックYouTubeチャンネル

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

粉瘤

  • 粉瘤くり抜き法「三種の神器」 ー玉 番外編ー

    2020-06-11 UP!     カテゴリー:粉瘤, 診療だより

     
     粉瘤くり抜き法「三種の神器」玉は、超音波診断装置(エコー)だ!
     
     前回、そんなことをお話ししました。
     
     エコーについては、いろいろと思い入れがあるので、触れます。
     エコー機器を導入される予定の先生がたの、参考になれば幸いです。
     
     

     
     
     2009年、虎の門病院へ国内留学しました。
     その頃のボスは、皮膚外科の大家、大原國章先生でした。
     
     柔軟な頭の持ち主である大原先生は、皮膚科領域でいち早く、
     エコー検査の有用性を見抜いていました。
     
     エコー検査は、臨床生理検査部にお願いして、皮膚科医が立ち会う
     スタイルでした。(今思えばこれがとてもよかった!)
     
     
     皮膚癌で腫れたリンパ節の、エコー検査を依頼した事があります。
     臨床生理検査部の桑山さんが、このリンパ節は丸く腫れているので、転移の可能性が高いと診断。
     
     リンパ節は転移すると、球形になることを知りました。
     これは、CTでは得られない情報ではないか!これはすごい!
     
     
     この件から、私は、エコーに情熱を持つようになりました(大袈裟な)。
     

     虎の門病院での経験を、論文として発表しました。
     ありがたいことに、複数の科で引用されています。

     
     
     この当時、虎の門病院の臨床生理検査部で使用されていたエコー機器は、  
     東芝メディカルSSA-380A。

     
     東芝製(現在はキャノンメディカルシステムズ)のエコーは、バランスがよいと思います。
     
     
     クリニックでエコーを買い替える時、いくつものメーカーの機器をデモさせて頂きました。
     各メーカーさま、その節は大変お世話になりました。

     
     私がデモさせて頂いたエコー機器を、順に紹介させてもらいます。
     印象はあくまでも、私個人の主観ですのでご容赦ください
     
     
     
    ①キャンノンメディカルシステムズ(旧東芝)
     
     エコーはバランスがよく、血流画像が特に優れていると、感じました。
     エコーの王道かもしれません。
     残念なのは、ノート型の小さいタイプが、少ないことです。

     
     
    ②KONICA MINOLTA
     
     コニカミノルタのエコーは、整形外科領域で人気が高いです。
     腱、腱周囲病変の画像描出に定評があります。
     
     私事ですが、手掌にできものが生じたので、中日病院手の外科を受診した 
     ことがあります。

     
     中日病院でも、コニカミノルタのエコーが使われていました。
     
     カタログを拝見すると、プローブにこだわっているようです。
     私はSNiBLEをデモしましたが、シャープな画像でした。
     

     

     
     
    ③HITACHI
     
     日立製のエコーは、以前から、表在系に定評があり、乳腺外科のドクターが好んで
     採用する傾向があります。
     
     組織の固さをカラー画像で処理する、エラストグラフィーのソフトは、HITACHIが
     本邦初開発です。

     

     
     上の写真は、ノート型エコーのNoblusです。
     18MHzプローブは粉瘤、脂肪腫など表在系腫瘍の描出が、デモした中で、
     最もきれいでした。心が揺らぎました。

     
     
    ④GE Helathcare
     
     今回紹介したエコー機器のなかで、唯一の外資系です。


     最終的に私が購入したのは、上の写真(実物)の
     GE社のノート型エコーLOGIQ e premiuです。
     
     標準の12MHzプローブの画質は、並みです(GE社さん、ごめんなさい!)。
     
     採用した理由は、なにか?
     
     22MHzの高周波プローブが、つけられるからです。
     これは、すごく重要!!
     
     顔の粉瘤画像 12MHzプローブ使用

     
     
     同じ粉瘤の画像 22MHzプローブ使用

     
     
     12MHzと22MHzでは、見える世界が違います。
     
     なぜかリンゴが・・・。

     
     
     小さな皮膚腫瘍の診断には、高周波プローブが、圧倒的に優位なのです。
     
     基本的には、日本製を応援したいので、HITACHI、KONICA MINOLTA社さんらが、
     22MHz以上の高周波プローブを作ってくれることを、期待しています。
     
     
     エコーを購入する予定の先生は、必ずデモしてくださいね。
     エコーは、使う先生との相性もありますから。
     
     とりとめのない文章に、最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

ページの先頭へ