名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

診療だよりの記事一覧

  • 再生医療による首のシワ治療 W-PRP

    2019-07-16 UP!     カテゴリー:W-PRP, 診療だより

     
     多血小板血漿治療(PRP)を始めて10年以上が経過しました。
     
     この治療をライフワークとして色々な工夫を重ねてきました。
     血小板の濃度、注入する深さなどとても大切です。
     
     俗に言う、手と首は年齢を隠せない。
     
     今回は首のシワを治療した42歳の女性にブログの協力をお願い
     しました。

     このブログはみなさまの善意で成り立っています。
     
     42歳の女性です。首のシワが気になるようです。

     
     
     治療部位をデザインして、麻酔クリームを塗ります。

     
     
     治療して1年が経過しました。
     上が治療前、下が治療後です。


     
     
     まずまずの経過です。
     左は治療前、右が治療後です。

     
     左は治療前、右が治療後。

     
     
     しこり、違和感はなくとても自然な感じで改善されています。
     治療効果は数年続きます。
     
     治療でクリニックに滞在する時間は60分ほどです。
     治療当日よりお風呂に入れます。
     
     再生医療はここまで進化しています。
     
     【リスク・副作用】
     浮腫、痛み、斑状出血、皮下結節、皮下色素沈着、アレルギー
     反応

     
     【費用】
     首の横じわ 21万円(税込)
     塗る麻酔クリーム 無料

  • 粉瘤くり抜き法 - 4mmしかダメなのか? –

    2019-06-28 UP!     カテゴリー:粉瘤, 診療だより

     
     開業して11年がたちました。
     
     他のドクターから言われた私の功績
     ①シミにQスイッチルビーレーザーを認知させ広めた。
     ②粉瘤の手術法として傷痕が目立たちにくいくり抜き法を普及させた。
     
     
     粉瘤のくり抜き法については書き尽くした感がありますが、
     時々、おやっと思う症例があるので提示します。
     
     今回協力いただいた患者さまは40歳の素敵な女性です。
     
     当院を受診される2ヶ月前に右上口部のできものに気づかれました。
     名古屋市郊外で皮膚外科を標榜するOクリニックを受診されました。
     
     エコー検査をされ粉瘤と診断。ここまでは問題ありません。
     
      患者さんが臭いがするので取って欲しいと医師に伝えたところ、
     「粉瘤くり抜きは4ミリの穴をあけます。今は粉瘤が小さいので大きくなるまで待ってから
      治療しないともったいない。」と言われたそうです。
     
     私には担当医の言っていることがよく理解できません。何を言っているのか??
     おそらく患者さまも首をかしげたことと想像します。
     
     今年の春、鶴舞線を利用して当院を受診されました。
     
     初診時の写真です。右鼻翼の外側下方に粉瘤があります。

     
     
     エコー検査 左は12MHz、右は22MHZ高周波プローブで観察。

     
     
     押すと内容物がでます。臭い原因はこれです。

     
     
     小さな粉瘤だから4ミリより小さな穴で摘出する。そう考えるのが普通ではないでしょうか?
     
     多くの皮膚科医が私のブログを見て真似をします。
     それはいいのですが、本質的なことまでは理解できていないようです。
     
     2ミリトレパンによるくり抜き法。

     
     
     粉瘤の袋はしっかりと取れました。

     
     
     手術終了した直後です。

     
     
     穴はかなり小さいので、治癒も早いです。
     
     
     2ミリと4ミリではこれ程までにもサイズがちがいます。
     小さな穴で粉瘤が取りきれればそれにまさることはありません。

     
     
     病理組織検査です。底までしっかりと取り切れています。

     
     
     顔の粉瘤、臭いなどで気になるのならば、小さいうちに小さな傷で治したほうがよいと思います。
     粉瘤を治療するドクターは4ミリでしか取れないとの固定観念は捨てるべきでしょう。
     
     私の真似をするのはいいですが、安易に皮膚外科を標榜する輩が増えた気がします。
     時代の流れでしょうか。
     
     【注 意】
     粉瘤に発赤・腫脹などの炎症所見がある場合は手術の時期ではありません。
     なるべく早く地元の病院(皮膚科・形成外科・外科など)を受診してください。

  • 切らないフェイスリフト HIFU

    2019-06-19 UP!     カテゴリー:診療だより, HIFU(フェイスリフト)

     切らないフェイスリフトとして有名なHIFU。
     
     超音波で皮下脂肪、SMASに熱を加え、皮膚のたるみを改善する治療です。
     
     同じ機種を使っても術者によって効果が違います。
     
     解剖を熟知した医師が施術するかどうか。
     
     
     顔をパーツで色分けします。

     
     
     
     どこを意識して照射するか。支持靭帯がポイントです。

     
     
     
     現在は新しいHIFUの機種を使用中。
     痛みが少なく、効果は以前の機種よりアップ。リピートする人も多いです。


     
     
     フェイスラインが気になる方、糸などの異物に抵抗感がある人にお勧めです!

  • 汗管腫の新しい治療 - Queen bee –

    2019-06-06 UP!     カテゴリー:その他, 診療だより

     
     眼瞼のプツプツしたできもの、それが汗管腫です。
     
     なぜか女性に多いです。
     数が少なければ気になりませんが、増えて癒合するととても気になります。
     
     今まではレーザーで削っていました。
     
     確実な方法ですが、テープを1週間ほど貼る必要があるため、治療を踏み
     とどまるかたも多かったことと思います。
     
     令和元年より画期的な新しい治療法を導入しました。
     
     Queen beeと呼ばれるこの治療法は極細の医療針を用いる電気凝固法
     Needling electrocoagulation(NEC法)です。
     
     1回の治療でかなり改善するかたもいますが、2~3回の治療を要する場合もあります。
     
     治療して1ヶ月後くらいより汗管腫が小さくなっていきます。
     3~6ヶ月で効果が見えることが多いです。
     
     最大のメリットは皮膚を削る治療ではないためテープが要らないことです。
     
     
     汗管腫の治療はとても難しいとされています。
     
     一つの丘疹に無数の腫瘍細胞が集まっていることが理由の一つです。

     
     
     38歳の女性の治療経過を報告します。ブログに協力くださりありがとうございます。
     
     両側の上下眼瞼に生じた汗管腫です。
     左眼の黄色の線の部分のみレーザー治療、他はQueen bee法で治療しています。

     
     
     【右眼瞼】 治療前(左)と治療2ヶ月後(右)
     汗管腫のプツプツが小さくなったことがわかります。3ヶ月以降でもう少し小さくなります。

     
     
     【左眼瞼】 治療前(左)と治療2ヶ月後(右)
     左眼瞼内側の黄色い線の範囲はレーザー治療で削りました。

     
     写真を見て分かるようにレーザーで削った部分とQueen bee(針電気凝固法)で治療した部分の
     治療効果がほぼ同等な(むしろQuee beeのほうがよい?)ことが分かります。
     
     
     汗管腫を治療したいがテープのために躊躇していた方にとても適した治療法です。

  • 小顔ボトックスの経過

    2019-06-01 UP!     カテゴリー:ボトックス, 診療だより

     
     小顔治療で大人気の小顔ボトックス。
     
     以前このブログに協力して頂いた患者さまの経過です。
     
     治療前。咬筋が発達したタイプです。

     
     
     小顔ボトックスをして5ヶ月後が経過しました。
     咬筋のボリュームが減り、顎のラインが改善しました。

     
     
     歯ぎしり、肩こりも改善しました。
     
     効果は1年以上持続しますが、患者さまが更なる効果を求められ、
     1年後に2回目の小顔ボトックス治療を追加しています。
     
     2回目の小顔ボトックス治療から4ヶ月が経過しました。

     
     
     顎のラインがずいぶんすっきりしましたね。本人さんも大満足です!
     治療前(左)、2回治療後(右)

     
     
     小顔ボトックスは複数回行うことで治療効果がアップします。
     歯ぎしり、肩こりの改善も期待できます。
     
     治療は痛みも少なく、10分程度で終わります。
     気になる方はスタッフ、院長にお問い合わせください。
     
     治療費58,000円(税込み)+診察料

  • フェイスラインの治療

    2019-05-17 UP!     カテゴリー:診療だより, HIFU(フェイスリフト)

     
     フェイスラインの治療にHIFU(ハイフ)が大人気です。
     
     HIFUは超音波で皮下脂肪、SMASを引き締めて顔のフェイスラインを
     引き上げる最新治療の一つです。
     
     今回は60歳代女性のかたにご協力頂きました。
     
     顔の下半分(特にマリオネットライン)をスッキリさせたいとのご希望です。

     
     
     歯軋りが強く、歯が磨り減っていることを歯科医から指摘されているため、
     咬筋ボトックス治療を行いました。
     
     咬筋ボトックスを行ってから1ヵ月後の写真です。
     顎周りがすっきりしています。歯軋りも改善しました。

     
     
     さらなる治療をご希望されたため、HIFUを追加しました。
     HIFU治療の4ヵ月後です。フェイスラインがずいぶんスッキリしました。

     
     
     治療前(左)と治療後(右)

     
     
     治療前(左)と治療後(右)

     
     
     顎周囲の引き締めは一つの治療より、複数の治療を組み合わせることで高い効果が期待できます。
     患者さまのご希望、予算などに合わせて治療プランをご提供したいと思います。
     
     最後になりますが、
     ブログにご協力頂き、本当にありがとうございました。
     
    【合併症】
    浮腫、痛み、内出血、しびれ、熱傷、皮下硬結など。
     
    【費用】
    小顔ボトックス 58,000円(税込み)
    HIFU(高密度焦点式超音波システム) 全顔打ち放題 184,000円(税込み)

当医院は『予約制』です。お問い合わせ・診療のご予約はこちら 受付可能時間=診療時間 TEL 052-332-7870

診療時間

MORE

当医院は『予約制』です
AM 10:00 - PM 1:00
PM 2:00 - PM 4:30
PM 5:00 - PM 6:30

○…通常診療
☆…手術/レーザー治療(フォトRFなど)/ヒアルロン酸/ボトックス治療など

アクセス

MORE

〒460-0012
名古屋市中区千代田3-14-14 パルティール鶴舞2F

● JR 中央線 鶴舞駅 公園前出口 徒歩約2分
● 地下鉄 鶴舞線 鶴舞駅 ⑥番出口 徒歩約2分

ページの先頭へ