名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

SSクリニックYouTubeチャンネル

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

粉瘤の記事一覧

  • 粉瘤くり抜き法「三種の神器」 ー玉 番外編ー

    2020-06-11 UP!     カテゴリー:粉瘤, 診療だより

     
     粉瘤くり抜き法「三種の神器」玉は、超音波診断装置(エコー)だ!
     
     前回、そんなことをお話ししました。
     
     エコーについては、いろいろと思い入れがあるので、触れます。
     エコー機器を導入される予定の先生がたの、参考になれば幸いです。
     
     

     
     
     2009年、虎の門病院へ国内留学しました。
     その頃のボスは、皮膚外科の大家、大原國章先生でした。
     
     柔軟な頭の持ち主である大原先生は、皮膚科領域でいち早く、
     エコー検査の有用性を見抜いていました。
     
     エコー検査は、臨床生理検査部にお願いして、皮膚科医が立ち会う
     スタイルでした。(今思えばこれがとてもよかった!)
     
     
     皮膚癌で腫れたリンパ節の、エコー検査を依頼した事があります。
     臨床生理検査部の桑山さんが、このリンパ節は丸く腫れているので、転移の可能性が高いと診断。
     
     リンパ節は転移すると、球形になることを知りました。
     これは、CTでは得られない情報ではないか!これはすごい!
     
     
     この件から、私は、エコーに情熱を持つようになりました(大袈裟な)。
     

     虎の門病院での経験を、論文として発表しました。
     ありがたいことに、複数の科で引用されています。

     
     
     この当時、虎の門病院の臨床生理検査部で使用されていたエコー機器は、  
     東芝メディカルSSA-380A。

     
     東芝製(現在はキャノンメディカルシステムズ)のエコーは、バランスがよいと思います。
     
     
     クリニックでエコーを買い替える時、いくつものメーカーの機器をデモさせて頂きました。
     各メーカーさま、その節は大変お世話になりました。

     
     私がデモさせて頂いたエコー機器を、順に紹介させてもらいます。
     印象はあくまでも、私個人の主観ですのでご容赦ください
     
     
     
    ①キャンノンメディカルシステムズ(旧東芝)
     
     エコーはバランスがよく、血流画像が特に優れていると、感じました。
     エコーの王道かもしれません。
     残念なのは、ノート型の小さいタイプが、少ないことです。

     
     
    ②KONICA MINOLTA
     
     コニカミノルタのエコーは、整形外科領域で人気が高いです。
     腱、腱周囲病変の画像描出に定評があります。
     
     私事ですが、手掌にできものが生じたので、中日病院手の外科を受診した 
     ことがあります。

     
     中日病院でも、コニカミノルタのエコーが使われていました。
     
     カタログを拝見すると、プローブにこだわっているようです。
     私はSNiBLEをデモしましたが、シャープな画像でした。
     

     

     
     
    ③HITACHI
     
     日立製のエコーは、以前から、表在系に定評があり、乳腺外科のドクターが好んで
     採用する傾向があります。
     
     組織の固さをカラー画像で処理する、エラストグラフィーのソフトは、HITACHIが
     本邦初開発です。

     

     
     上の写真は、ノート型エコーのNoblusです。
     18MHzプローブは粉瘤、脂肪腫など表在系腫瘍の描出が、デモした中で、
     最もきれいでした。心が揺らぎました。

     
     
    ④GE Helathcare
     
     今回紹介したエコー機器のなかで、唯一の外資系です。


     最終的に私が購入したのは、上の写真(実物)の
     GE社のノート型エコーLOGIQ e premiuです。
     
     標準の12MHzプローブの画質は、並みです(GE社さん、ごめんなさい!)。
     
     採用した理由は、なにか?
     
     22MHzの高周波プローブが、つけられるからです。
     これは、すごく重要!!
     
     顔の粉瘤画像 12MHzプローブ使用

     
     
     同じ粉瘤の画像 22MHzプローブ使用

     
     
     12MHzと22MHzでは、見える世界が違います。
     
     なぜかリンゴが・・・。

     
     
     小さな皮膚腫瘍の診断には、高周波プローブが、圧倒的に優位なのです。
     
     基本的には、日本製を応援したいので、HITACHI、KONICA MINOLTA社さんらが、
     22MHz以上の高周波プローブを作ってくれることを、期待しています。
     
     
     エコーを購入する予定の先生は、必ずデモしてくださいね。
     エコーは、使う先生との相性もありますから。
     
     とりとめのない文章に、最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

  • 粉瘤くり抜き法 「三種の神器」 ー玉ー

    2020-06-10 UP!     カテゴリー:粉瘤, 診療だより

     
     さあ、玉(たま)です。
     
     今回は、三種の神器の二番目です。
     
     くり抜き法「三種の神器」の玉は、超音波診断装置だと、考えています。
     
     皮膚腫瘍は、圧倒的に粉瘤が多いですが、もちろんそれ以外の
     皮膚腫瘍もあります。
     
     皮膚線維腫、皮膚混合腫瘍、石灰化上皮腫、血管平滑筋腫、神経鞘腫など。
     いずれも他院で粉瘤と診断され、当院を受診した疾患群です。
     
     今回は、55才の女性にご協力いただきました。
     みなさまの善意で、このブログは支えられています。
     
     診察時のエコー検査がいかに大切かを、全力でお話します。
     
     
     55才女性、左鼻翼周囲のできものです。

     
     
     できものが大きくなり心配になり、F医科大学附属病院を受診。
     
     最初は皮膚科を受診。
     エコー検査、MRI画像検査を受け、粉瘤を疑われたそうです。
     
     なるべく傷を残したくない旨を、伝えたところ、同病院形成外科を紹介されました。
     
     形成外科の先生も、いろいろと熱心に考えられたようです。
     
     口腔内からのアプローチもあるが、粉瘤は皮膚と連続しているので、
     難しいかもと。
     
     形成外科の先生が悩まれる気持ちも、よくわかります。
     
     
     さあ、ここからが本番。
     
     SSクリニックを受診したときの、エコー検査を供覧します。
     
     12MHzのエコー画像です。

     
     正直、この画像では、皮膚腫瘍を粉瘤と確定するのが、難しいです。
     
     腫瘍が下の筋層と接しているので、嚢胞性病変に特徴的な外側陰影、
     底面後方エコー増強が、わかりづらい。
     
     
     22MHzのエコー画像です。

     
     あっ、上方に、ヘソに対応したりんごのツルに似た構造が、見えます!
     

     
     
     これが、高周波プローブの威力です。
     
     これで、腫瘍は粉瘤と、診断できます。
     この時点で、MRI画像検査は不必要ですからね。
     
     
     なるべく傷を残したくない、という患者さんのリクエストに沿います。
     
     傷を残したくないのは、術者の私も同じです。
     
     3mmの穴をあけ、袋を底から全部取り切ります。
     (傷を小さくしたかったので、4mmではなく、あえて3mmトレパンを選択しました)

     
     
     袋はなかなか深く、上唇挙筋に癒着していました。

     
     
     病理組織検査。袋の入り口の所見です。

     
     エコーで、リンゴの果梗にあたる粉瘤のヘソ部分は、病理組織を見ると、
     アメーバのように袋が、発達しているのがわかります。
     
     アメーバの部分を取り残すと、粉瘤は再発します。
     
     エコーで袋の形態の目星をつけ、無影灯で視野を明るくして、特殊な医療ハサミ
     (三種の神器 剣)で、しっかり取ることが肝要です。
     
     剣(つるぎ)に関しては、次回のブログでね!
     
     手術して、2週間が経過しました。
     少し、陥凹が目立つ時期ですが、半年もすれば、目立たなくなります。

     
     
     
     結果として、患者さんには、とても満足してもらいました。
     
     いつも思うのですが、
     皮膚腫瘍の専門家は、形成外科医ではなくて皮膚科医です!
     
     普段から、病理組織検査を見慣れている皮膚科医は、どうしたら
     最少のダメージで、腫瘍が取り切れるかを考えています。
     
     皮膚癌もそうですね。
     
     問題は、安直に形成外科医に投げ出してしまう皮膚科医が、多いこと
     です。それは、大学病院レベルでもあることです。
     
     まあ、愚痴はこのくらいにして。
     
     
     現在の超音波診断装置(エコー)は、とても優れています。
     
     これから購入する先生は、22MHz以上の高周波プローブが使用できる
     機種を、選んでください。得られる画像が、段違いですから。
     
     粉瘤くり抜き法「三種の神器」玉=超音波診断装置でした!
     
     ここだけの話ですが、
     エコーもないような施設で、皮膚腫瘍の手術は、受けないほうがいいですよ。
     
     皮膚腫瘍の手術は、術前の万全の準備で、結果が半分以上きまりますから。
     
     今回は、少し毒舌ブログでした。すみません。

     

  • 粉瘤くり抜き法「三種の神器」 -鏡その2-

    2020-06-08 UP!     カテゴリー:粉瘤, 診療だより

     
     さあ、三種の神器、「鏡」の続きです。
     
     もう一つは、医療ルーペです。
     
     SSクリニックでの三種の神器「鏡」は、無影灯と医療ルーペです。
     
     医療ルーペと言えば、医龍の朝田ドクター、ドクターXの大門未知子が
     手術中に装着していましたね。
     
     美男美女が着用すると、ほんとうにさまになります。
     
     今回ブログに協力頂いたのは49歳の男性です。
     深くお礼申し上げます。
     
     10年前からある、左後頚部の粉瘤です。
     どんどん育ってきたそうです。

     
     
     これだけ育った粉瘤を、メスで切除して縫い縮めると、かなり大きな
     傷跡が残ってしまいます。
     
     男性でも、それは嫌ですね。
     
     エコー検査で、袋はきれいな状態。 くり抜き法の適応です。

     
     
     くり抜き法で、袋の内容物を揉み出します。

     
     
     袋を完全に摘出します。

     
     
     袋は、穴をあけた入り口に残ることがあるので、ルーペをつけて
     しっかり観察します。
     
     袋を疑う組織があれば、必ず追加切除します。

     
     
     袋が完全に取れました!

     
     
     病理組織検査像です。粉瘤の入り口です。


     
     
     粉瘤の底部分です。

     
     
     手術してから2週間が経過。穴はほぼふさがりました。
     最終的には、ニキビ痕くらいの傷で落ち着きます。

     
     
     
     小さな穴で粉瘤の袋を取りきるには、無影灯で明るい視野を
     確保すること、医療ルーペで術野を拡大することが、とても大切です。
     
     医療ルーペは、ずいぶん浮気をしてきました。
     遍歴を時系列に紹介します。
     
     メディカルU&A社のスポーティーなルーペ。
     アディダスのロゴがお洒落ですね。

     
     
     聖心美容外科札幌院の前多一彦先生愛用のDr.Kim

     
     
     美容外科医の間で人気が高いサージテル。

     
     
     最後に行き着いたのが、PENTAX (HOYA) 3倍ルーペ。
     レンズの数が多いので、視野が広く明るいのが特徴です。

     
     
     ルーペだけで、かるく100万円以上を投資してきました。
     
     いい手術をするためです!
     
     私が行うくり抜き法は、日々進化しています。
     より小さな穴で、再発させないことを目標としています。
     
     自費で行うことが多いですが、それだけの価値は十二分にあります。
     
     
     三種の神器「鏡」その2=医療ルーペでした。
     
     次回は三種の神器、「玉」=皮膚超音波機器を紹介します!

     

     

     

  • 粉瘤くり抜き法「三種の神器」 -鏡その1ー

    2020-06-06 UP!     カテゴリー:粉瘤, 診療だより

     
     だいぶ普及してきましたね。
     
     えっ、なんのことか?
     
     そう、「粉瘤くり抜き法」のことです。
     
     SSクリニックの柴田がブログ、学会、書籍で全国に普及させました(?)
     
     若い先生がたもチャレンジしているようです。
     それ自体は喜ばしいことです。
     
     
     名古屋では粉瘤くり抜き法に手を出す美容外科医が増えています。
     なぜか再発が多いですね (涙)
     
     再発が多い美容外科に電話して病理組織標本の件で問い合わせした
     ことがあります。
     
     標本は自分の目では見ていないのでよくわからないと・・・
     
     そりゃあ、だめでしょう。
     手術がまったくフィードバックできていない。
     
     だから再発を繰り返すのでしょう。
     
     粉瘤といえど患者さんにとっては自分の体をあずける大切な手術。
     執刀医は万全の体制で手術に取り組むで欲しいですね。
     
     
     「粉瘤くり抜き法」、簡単なように見えて、実は奥が深い手術です。
     
     
     私が粉瘤くり抜き法で心がけている三種の神器を紹介します。
     絶対、内緒にしてくださいね (笑)
     
     三種の神器とは鏡、剣(つるぎ)、玉(たま)のことです。
     
     今回は鏡について。
     
     粉瘤くり抜き法における鏡は無影灯(むえいとう)です。
     手術室で使う大きな灯りです。
     
     私はドイツのベルヒトールド社製を愛用。

     
     
     多灯式の無影灯が日本では主流ですが、私は上の単灯式が好きです。
     光のムラが少ないからです。

     
     
     粉瘤の袋は皮膚にくっついています。
     小さな穴から袋を全部取るには明るい光が必要です。
     
     今回協力いただいたのは46歳の女性です。
     この場をお借りして深謝いたします。
     
     頚部の粉瘤です。初診時にはすでに赤くなり炎症を併発。

     
     
     エコー検査でも粉瘤の袋はぐちゃぐちゃになっています。
     (LOGIQe 22MHzプローブ使用)

     
     
     悩みましたが、その日に緊急手術です。

     
     
     炎症を生じた粉瘤は袋が周囲と癒着して剥がすのがたいへんです。
     袋を少しでも残すと再発します。
     
     無影灯の光であけた穴を360度しっかりと確認。ここがキモです。
     時計5時方向に袋の残骸を確認、追加切除します。

     
     
     摘出した粉瘤の病理組織像です。


      
     
     これで安心です。
     粉瘤はもう再発しないはず。
     
     診察室の簡易ベッドで手術を受けて再発した人が当院に来られます。
     再発しない「くり抜き法」手術に無影灯は必須です。
     
     
     クリニックに1台無影灯、無影灯!
     
     
     手術室のあるクリニックでくり抜き法を受けられることをお勧めします。

     
     
     というわけで、今回のテーマがくり抜き法「三種の神器」
     鏡=無影灯 でした。
     
     次回はもう一つの鏡、医療ルーペを紹介する予定です。

     

  • 粉瘤くり抜き法 - 4mmしかダメなのか? –

    2019-06-28 UP!     カテゴリー:粉瘤, 診療だより

     
     開業して11年がたちました。
     
     他のドクターから言われた私の功績
     ①シミにQスイッチルビーレーザーを認知させ広めた。
     ②粉瘤の手術法として傷痕が目立たちにくいくり抜き法を普及させた。
     
     
     粉瘤のくり抜き法については書き尽くした感がありますが、
     時々、おやっと思う症例があるので提示します。
     
     今回協力いただいた患者さまは40歳の素敵な女性です。
     
     当院を受診される2ヶ月前に右上口部のできものに気づかれました。
     名古屋市郊外で皮膚外科を標榜するOクリニックを受診されました。
     
     エコー検査をされ粉瘤と診断。ここまでは問題ありません。
     
      患者さんが臭いがするので取って欲しいと医師に伝えたところ、
     「粉瘤くり抜きは4ミリの穴をあけます。今は粉瘤が小さいので大きくなるまで待ってから
      治療しないともったいない。」と言われたそうです。
     
     私には担当医の言っていることがよく理解できません。何を言っているのか??
     おそらく患者さまも首をかしげたことと想像します。
     
     今年の春、鶴舞線を利用して当院を受診されました。
     
     初診時の写真です。右鼻翼の外側下方に粉瘤があります。

     
     
     エコー検査 左は12MHz、右は22MHZ高周波プローブで観察。

     
     
     押すと内容物がでます。臭い原因はこれです。

     
     
     小さな粉瘤だから4ミリより小さな穴で摘出する。そう考えるのが普通ではないでしょうか?
     
     多くの皮膚科医が私のブログを見て真似をします。
     それはいいのですが、本質的なことまでは理解できていないようです。
     
     2ミリトレパンによるくり抜き法。

     
     
     粉瘤の袋はしっかりと取れました。

     
     
     手術終了した直後です。

     
     
     穴はかなり小さいので、治癒も早いです。
     
     
     2ミリと4ミリではこれ程までにもサイズがちがいます。
     小さな穴で粉瘤が取りきれればそれにまさることはありません。

     
     
     病理組織検査です。底までしっかりと取り切れています。

     
     
     顔の粉瘤、臭いなどで気になるのならば、小さいうちに小さな傷で治したほうがよいと思います。
     粉瘤を治療するドクターは4ミリでしか取れないとの固定観念は捨てるべきでしょう。
     
     私の真似をするのはいいですが、安易に皮膚外科を標榜する輩が増えた気がします。
     時代の流れでしょうか。
     
     【注 意】
     粉瘤に発赤・腫脹などの炎症所見がある場合は手術の時期ではありません。
     なるべく早く地元の病院(皮膚科・形成外科・外科など)を受診してください。

  • 粉瘤 -くり抜き法で再発?-

    2017-06-20 UP!     カテゴリー:粉瘤, 診療だより

    「他院で粉瘤のくり抜き法を受けたが再発しました」

    そんな問い合わせが増えています。

    経験の浅い医師による不適切な手術が目立ちます。

    くり抜き法をホームページで広めすぎた私にも責任があるのかもしれません。
    安易にいい加減な手術を行う皮膚科医が多いことに戸惑っています。

    今回紹介する患者さまも気の毒な結果になっています。

    平成27年ころより、左顎にできものが出現。
    平成28年5月に名古屋市内の皮フ科クリニックを受診されています。

    手術予約を取り、予定通り手術を受けられましたが、
    手術直後より膨らみが残っていたとのこと。

    左顎の膨らみはなくなるどころか大きくなってきたので当院に来られました。

    39歳男性、左顎の腫瘤です。前医による発赤が残っています。

     
     
    エコー検査です。粉瘤はしっかり残っています。

     
     
    当院で手術させていただきました。
     
    再発ということもあり、4mmでくり抜きました。

     
     
    袋をすべて取りきることがポイントです。

     
     
    この操作は手術室でルーペを用いて行うべきものです。
    簡易ベッドでいい加減に手術するなどもってのほかです。

     
     
    摘出した粉瘤です。

     
     
    摘出した後です。

     
     
    病理組織検査です。

     

     
     
    粉瘤はわりと深かったです。
     
    手術してから13日後です。
    傷がかなり小さくなっています。よい経過です。

     
     
    医師を選ぶことが大切な時代になってきました。
    どうしたら再発しないくり抜き法を行う医師を見つけることができるのか?
     
    説明が曖昧であったり、再発するかも・・・などど言い訳する担当医はどうなのでしょう?
     
    粉瘤に限らず病気の治療を受ける場合、私なら担当医の症例実績、理念、全体の雰囲気など
    から判断すると思います。
     
    みなさんも賢い選択をしてください。
     
    【注 意】
    粉瘤に発赤・腫脹などの炎症所見がある場合は手術の時期ではありません。
    なるべく早く地元の病院(皮膚科・形成外科・外科など)を受診してください。

当医院は『予約制』です。お問い合わせ・診療のご予約はこちら 受付可能時間=診療時間 TEL 052-332-7870

診療時間

MORE

当医院は『予約制』です
AM 10:00 - PM 1:00
PM 2:00 - PM 4:30
PM 5:00 - PM 6:30

○…通常診療
☆…手術/レーザー治療(フォトRFなど)/ヒアルロン酸/ボトックス治療など

アクセス

MORE

〒460-0012
名古屋市中区千代田3-14-14 パルティール鶴舞2F

● JR 中央線 鶴舞駅 公園前出口 徒歩約2分
● 地下鉄 鶴舞線 鶴舞駅 ⑥番出口 徒歩約2分

ページの先頭へ