名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

その他の記事一覧

  • 汗管腫の新しい治療 - Queen bee –

    2019-06-06 UP!     カテゴリー:その他, 診療だより

     
     眼瞼のプツプツしたできもの、それが汗管腫です。
     
     なぜか女性に多いです。
     数が少なければ気になりませんが、増えて癒合するととても気になります。
     
     今まではレーザーで削っていました。
     
     確実な方法ですが、テープを1週間ほど貼る必要があるため、治療を踏み
     とどまるかたも多かったことと思います。
     
     令和元年より画期的な新しい治療法を導入しました。
     
     Queen beeと呼ばれるこの治療法は極細の医療針を用いる電気凝固法
     Needling electrocoagulation(NEC法)です。
     
     1回の治療でかなり改善するかたもいますが、2~3回の治療を要する場合もあります。
     
     治療して1ヶ月後くらいより汗管腫が小さくなっていきます。
     3~6ヶ月で効果が見えることが多いです。
     
     最大のメリットは皮膚を削る治療ではないためテープが要らないことです。
     
     
     汗管腫の治療はとても難しいとされています。
     
     一つの丘疹に無数の腫瘍細胞が集まっていることが理由の一つです。

     
     
     38歳の女性の治療経過を報告します。ブログに協力くださりありがとうございます。
     
     両側の上下眼瞼に生じた汗管腫です。
     左眼の黄色の線の部分のみレーザー治療、他はQueen bee法で治療しています。

     
     
     【右眼瞼】 治療前(左)と治療2ヶ月後(右)
     汗管腫のプツプツが小さくなったことがわかります。3ヶ月以降でもう少し小さくなります。

     
     
     【左眼瞼】 治療前(左)と治療2ヶ月後(右)
     左眼瞼内側の黄色い線の範囲はレーザー治療で削りました。

     
     写真を見て分かるようにレーザーで削った部分とQueen bee(針電気凝固法)で治療した部分の
     治療効果がほぼ同等な(むしろQuee beeのほうがよい?)ことが分かります。
     
     
     汗管腫を治療したいがテープのために躊躇していた方にとても適した治療法です。

  • 似顔絵です

    2018-06-27 UP!     カテゴリー:その他, 診療だより

     
     全国のSSファンのみなさま、こんにちは。
     
     知り合いのドクターのお勧めで、似顔絵を作ってもらいました。
     

     
     
     こちらは手術ルーペとメスを持った手術バージョンです。

     
     みなさんはどちらがよいと思いますか?
     
     あまりいい男ではないので、ホームページの写真もイラストのほうがよいかも?

  • 高周波プローブ エコー機器を導入

    2017-12-27 UP!     カテゴリー:その他, 診療だより

     
     新しいエコー機器を入れました。
     
     GE社のLOGIQ e Premium です。

     
     
     粉瘤などの術前診断のツールとして超音波検査機器は絶対に必要です。
     初代のものが10年経過したため、新しいエコーを入れました。
     
     22MHzの高周波プローブが使えることが最大の特徴です。

     
     
     小さな腫瘍はエコー検査を行っても鑑別診断に悩むことがあります。
     
     せつ(おでき)か炎症性粉瘤か?
     
     日常診療でよく遭遇する悩みです。
     より正確な形態、血流動態を観察することで鑑別できるのではと、期待しています。
     
     これからは高周波プローブでより的確な術前診断に心がけたいです。
     
     SSクリニックはどんどん進化しますから。

  • 高密度焦点式超音波システム -60歳代のたるみ-

    2016-03-08 UP!     カテゴリー:その他, 診療だより

     加齢によるフェイスラインのたるみ。

     当院でもスレッドリフト(糸によるフェイスリフト)による引き上げなど
     いろいろな治療を提案させていただいています。

     当院で人気のある治療のひとつがHIFUと呼ばれる超音波を利用した
     フェイスラインの引き上げです。

     67歳の女性です。ブログに協力してくださり、心より感謝します。

     治療前の右横顔です(お化粧なし)。
     顎から首のラインを気にされていました。
    画像 56062 B

     

     首から頬までをしっかりと照射するので、お時間は60分ほど要します。

     人によってはSMAS(表在筋膜)への照射で痛みを感じることがあります。
     その際は照射エネルギーを落とすと、痛みは軽減します。

     治療直後です(お化粧なし)。違いがわかりますか?
    画像 56068 B

     

     治療1ヵ月後です(お化粧あり)。
     横顔がずいぶんとすっきりしましたね。
    画像 57150 B

     

     ご友人からは顔がすっきりしたね、と言われたそうです。

     顔の引き締めをしたいが、糸はちょっと恐い。
     そんな人にお勧めの治療です。

  • HIFU たるみ治療 -高密度焦点式超音波システム-

    2015-10-19 UP!     カテゴリー:その他, 診療だより

     HIFU(高密度焦点式超音波システム)によるたるみ治療の評判が
     とてもよいです。
    HIFU カタログ

     実は今まで、医療機器によるタイトニングはあまり信用していませんでした。

     当院で使用していたリフトアップ用のSTリファームの効果があまりになさすぎた
     のも一因です。

     ちなみにSTリファームは当院の施術メニューから外しました。
     意味のない治療は提供したくないからです。

     ちまたでサーマクールがよいと言われても、いまひとつピンときませんでした。

     さあ、この機器はどうでしょうか?

     百聞は一見にしかず。

     54歳の患者さまです。
     50歳頃より急に顎から頚部がたるんできた。とても気になるとのこと。
    治療前 右横

     残念ですが、この部位のたるみ治療にPRP治療は無効です。

     HIFU 治療はコンセプトが秀逸です。

     高密度焦点エネルギーの熱作用を利用してSMASと呼ばれる表在筋膜とそれより
     浅い真皮と皮下脂肪の間を収縮させ、フェイスリフティングを行う原理です。

     治療デザインです。
    治療デザイン

     
     顎のラインを重点的に攻めました。

     痛みはほとんどありません。
     下顎骨のあたりは超音波による振動痛を少し感じます。

     治療時間は60分ほど要します。

     ダウンタイムもなく、そのままお化粧をして帰宅でします。

     もう一度治療前のお写真。
    治療前 右横

    治療直後のお写真。
    治療後 右横

     

     顎のラインがすっきりしました。

     患者さまも60分頑張った甲斐がありました。
     私も手が多少疲れました(笑)。

     治療後、鏡を見た患者さまが、
     「あっ、顎回りがすっきりした!」と嬉しい悲鳴。

     HIFU、いい治療だと思います。

  • 美容虎の穴 上眼瞼手術

    2013-05-20 UP!     カテゴリー:その他, 診療だより

    泣く子も黙る山本美容塾。
     
    全国から猛者が集います。美容虎の穴です。
     
    5月は山本塾長と池田欣生院長(東京皮膚科・形成外科)のお二人が執刀。
    夢の競演です。
     
    溢れ出るこの活気! 山本塾長も池田先生の手技を熱い眼差しで見つめます。

     
     
    池田式眉毛下切開。引っ張りのベクトル方向を考えながら真皮縫合を行います。

     
     
    眉毛下切開術は当院でも人気メニューの一つです。
    加齢とともに皮膚が垂れ下がり、瞼が重いかたが適応です。
     
    術式は単純なようですがいくつかのポイントがあります。
     
    一番大切なのは切開デザインです。毛根をなるべく残すように皮膚切開します。
    縫合後に皮膚の縦方向へ線状のつっぱりが、生じないように工夫して縫合します。
     
    池田先生は内側と外側の剥離ポイントについてレクチャーされました。
     
    他人の手術を見学するのは本当に勉強になります。
    ましてや池田先生は美容激戦地、銀座で確固たる地位を築いているドクターです。
     
    それにしても、山本塾はどんどん進化します。
     
    この日はホワイトボードで二重切開と目頭切開デザインの復習です。

     
     
    二重切開手術は美容外科でも最も基本になる手術です。
    基本だからこそ奥が深いのです。
     
    山本塾長は二重切開と内眼角形成を担当。

     
     
    内眼角形成はいろいろなデザインがあります。
    デザインがシンプルで効果があり、術後瘢痕のリスクが少ないものがよいです。
     
    山本塾長からは随分と多くのものを学ばせてもらいました。
     
    私は眼瞼下垂手術を生涯のライフワークと考えています。
    この塾に来てから、間違いなく眼瞼下垂手術のデザインが変わりました。
     
    より自然な開瞼、より自然な二重ライン。
     
    虎の穴のスパルタ授業を終え、山本塾長と池田先生に囲まれて。

     
     
    JAAS、そして山本美容塾よ、永遠に!

当医院は『予約制』です。お問い合わせ・診療のご予約はこちら 受付可能時間=診療時間 TEL 052-332-7870

診療時間

MORE

当医院は『予約制』です
AM 10:00 - PM 1:00
PM 2:00 - PM 4:30
PM 5:00 - PM 6:30

○…通常診療
☆…手術/レーザー治療(フォトRFなど)/ヒアルロン酸/ボトックス治療など

アクセス

MORE

〒460-0012
名古屋市中区千代田3-14-14 パルティール鶴舞2F

● JR 中央線 鶴舞駅 公園前出口 徒歩約2分
● 地下鉄 鶴舞線 鶴舞駅 ⑥番出口 徒歩約2分

ページの先頭へ