名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

W-PRPの記事一覧

  • PRPアドバンス -目の周りの小じわ-

    2015-04-01 UP!     カテゴリー:W-PRP, 診療だより

     おかげさまで多血小板血漿療法(W-PRP)を希望される患者さんが
     年々増加しています。

     当院を選んで頂き、ありがとうございます。

     今回は目の周りの小じわ治療について。

     ブログに快く協力くださった患者さんに心より感謝します。

     60歳の女性のかたです。屋外で仕事をされるせいか目じりに
     多数の小じわが刻み込まれています。
    治療前 左!

     

     目の周りの小じわ治療として、ボトックス治療が有名です。

     眼輪筋の収縮力を弱めることで、笑ったときにできる目の周りのシワを
     できづらくします。

     今回の症例の患者さんは笑わなくとも小じわが刻み込まれています。
     このような刻み込まれたシワにボトックス効果は弱いです。

     そこで多血小板血漿療法の出番です!

     目周りは極細の針を用い、真皮に血小板を注入します。

     
     治療前。
    治療前 左!

     

     治療3ヶ月後。若返りましたね!
    治療後 左!

     

    右眼周りの治療前。
    治療前 右!

     

     治療3ヵ月後。肌がすべすべになりました。
    治療後 右!

     

     ここまで効果を出すのに6年間を要しました。
     今までの集大成がPRPアドバンスです。

     いかに効率よく血小板を分離させるか。遠心分離にも秘密があります。
    遠心分離機

     目の周りの小じわは年齢がでやすいです。

     多血小板血漿療法ならば効果は数年間持続します。
     治療は一日のみ、クリニックにいる時間は70分くらいです。

     自分の血液で若さを取り戻すPRPアドバンス、いいですね!

     Key word 「目の周りの小じわ、多血小板血漿療法、PRPアドバンス」

  • 多血小板血漿療法 -PRPアドバンス-

    2015-03-16 UP!     カテゴリー:W-PRP, 診療だより

     多血小板血漿療法も進化し続けます。

     遠心分離の条件、血小板の濃度・・・。

     PRPをより進化させたPRPアドバンスをご提供しています。

     ブログにご協力くださった患者さまに感謝します。
     モニター制度をしていないので、患者さまのご好意に甘えています。

     52歳の女性です。趣味のサークルで実年齢よりも老けて見られたことに
     ショックを受けて当院を受診されました。
     
     初診時の右顔です。ほうれい線が深いですね。
    右ほうれい線

     
     左です。シワに化粧がつまるそうです。
    左ほうれい線
     
     治療にはいろいろなアプローチがあります。
     このような線には糸によるリフトよりはPRP治療が効果的です。

     ほうれい線の外側にも複数のシワがあります。
     マジック印を中心に血小板を注入します。
    右デザイン
     

     左も同様です。
     線での治療と面での治療のコンビネーション治療です。
    左デザイン
     

     PRP治療して5ヶ月半の状態です。
     だいぶ浅くなりましたね。
    PRP 5.5M 右

     治療前です。
    右ほうれい線
     

     治療後の左顔です。よい感じです。
    PRP 5.5M 左

     治療前です。
    左ほうれい線
     

     PRP療法は施行してから1ヶ月後からじわじわと効果が出てきます。
     6~9ヶ月後くらいでほぼ完成されます。

     じわじわと効果がでるので、他人から気づかれにくいのも長所だと思います。

     進化するPRPアドバンス、詳細はクリニックにお問い合わせ下さい。
     

     key word「PRP療法、アドバンス、多血小板血漿療法」

  • 多血小板血漿療法(PRP) -頬の小じわ-

    2014-12-04 UP!     カテゴリー:W-PRP, 診療だより

     頬にできる細い小じわについて。

     お化粧が小じわにつまることを気にされて、多くの患者さんが
     来院されます。

     今回もブログに協力くださり、ありがとうございます。

     当院はモニター制度をしていないので、患者さんのご好意で
     このブログが成り立っています。

     44歳の女性の方です。
    画像 41729!
    画像 41730!

     左右の頬に複数の小じわがあります。
     お化粧がつまるのがうっとおしいようです。

     このような小じわへのヒアルロン酸注入は意外と効果がでません。

     私は患者さんへPRP療法をお勧めしました。
     自分の血液から血小板を分離して皮膚へ注入する治療です。

     治療のデザインです。
    画像 41819!
    画像 41818!

     

     PRP治療に即効性はありません。
     6ヶ月かけてじわじわと小じわを改善します。

     治療6ヵ月後の写真です。
    画像 45629
    画像 45630!

     

     少し小じわが残っていますね。

     なかなか完璧に小じわを消すことは難しいですが、患者さんの満足度は
     まずまずのようです。

     お気づきになったでしょうか?

     治療前の写真はお化粧あり、治療後の写真はお化粧なしの状態です。

     普通は逆ですよね。しくじりました(笑)。

     6ヵ月後にお見えになった時はフォトRF治療を受けるため、お化粧を
     落とされていました。

     スタッフのみんな、お化粧を落とす前に私を呼んでね。
     お化粧しているともっと治療後の小じわが目立たないので。

     今回のような小じわ治療には、スレッドリフト(吸収糸によるリフト)で
     頬のピンと伸ばしてからPRP治療すると、よいかもしれません。

     小じわ治療もどんどん進化していきます。

     Key word「多血小板血漿療法、PRP、小じわ」

  • 多血小板血漿療法(PRP) -60代女性-

    2014-08-08 UP!     カテゴリー:W-PRP, 診療だより

    こつこつと症例を積み重ねています。

    自分の血液を用いた若返り治療。

    血小板の作成はなかなか手間がかかります。

     

    日本の女性はシャイです。

    60代~70代の女性がはにかみながら質問されます。
    この年齢でも効果ありますか?

    効果あります。

    当院で行った多血小板血漿療法(PRP)の最高年齢は86歳です。

    興味があるかたは遠慮なく受診してください。
    お待ちしています。

    68歳の女性です。治療して4年が経過しました。

    治療前です。ほうれい線と幾筋ものマリオネットラインが気になるようです。

     

    当院オリジナルのPRP療法を1回のみ施行しました。

    治療1ヶ月後です。この頃から効果が発現してきます。

     

    治療して1年と10ヶ月です。かなりシワが浅くなりました。

     

    定期的に前額のボトックスなどにいらしてくれます。

    治療して4年と1ヶ月です。月日がたつのは早いですね。

     

    治療前です。

     

    長期間効果が持続するのがPRP療法のよさです。

    そろそろ、マリオネットラインにもう1回PRP療法を行う予定です。
    顎の両サイドがもったりしていますので、これはスレッドリフトを予定しています。

    PRP療法とスレッドリフトは相性がよいのです。

    自然な感じでシワが浅くなり、若返るのがよいですね。

  • 多血小板血漿療法(PRP) -実践編-

    2014-07-27 UP!     カテゴリー:W-PRP, 診療だより

    多血小板血漿療法(PRP)を希望されるかたが多いです。

    ゴルゴライン、ほうれい線、マリオネットラインが気になる方にとても
    よい治療です。

    開院して6年間、ずっとPRP療法を行っています。
    開院当初にくらべ、内容を少しずつグレードアップしています。

    ときどき、自分の血液を採血して、PRPのよりよい条件を確認しています。

    PRP療法は血液を遠心分離することで、血小板を分離、活性化させることが
    ポイントです。血小板が血球成分のなかで最も小さいことを利用します。

    「美しい人体図鑑」笠倉出版社より

    血液を分離した状態です。
    遠心分離する条件はそれぞれのクリニックで異なります。

     

    活性化した血小板を組織に注入することで、シワ、肌質が改善されます。

    古い組織破壊を促すために、ごくわずかの赤血球を入れます。
    分葉核球が多いと腫れ、発赤の原因となるので注意します。

    PRP療法は分離する段階からいくつものコツがあり、このステップを慎重に
    行います。

    取り出した血小板を活性化させるために、塩化カルシウムを入れます。
    塩化カルシウムの濃度を変えて、入れます。

    時間が経過すると、採血管の内溶液の一部がゲル化してきます。
    塩化カルシウムの濃度が高いほど、ゲル化が早いのがわかります。

     

    完全にゲル化してしまうと、撹拌してももとの状態にはもどりません。

     

    PRP療法は、手際よく行うことが大切なことがお分かりだと思います。

    血小板の適切な分離(当院は2回遠心分離法)、スピーディーな処置が必要です。

     

    なつかしい患者さんが来院されましたのでご報告。

    以前にもブログで紹介した患者さんです。48歳の素敵な女性です。
    ほうれい線、とくに口角外側の線が目立つことを気にされていました。

     

    一度、ヒアルロン酸注入を行いました。

    鼻下のほうれい線は改善しましたが、口角外側の線はもうひとつでした。
    この部位は治療に難渋します。

    PRP療法をお勧めして、実際に行いました。
    3ヵ月後くらいより、実感できる効果が出てきたそうです。

    効果がじわじわと出てくるので、周囲の人には気づかれなかったそうです。
    PRP療法の大きな特徴ですね。

    お願いしてお写真を撮らせていただきました。

    PRP治療から4年が経過していました。いいですね~。

     

    ほうれい線を触らせて頂きましたが、ヒアルロン酸を大量に注入したときのような硬さは
    まったくなく、ほんとうに自然な肌触りでした。

    これからも、よりよい治療を提供できるクリニックであり続けたいと思っています。

  • 多血小板血漿療法(PRP)  -治療編-

    2014-06-05 UP!     カテゴリー:W-PRP, 診療だより

    口角周囲の細いシワ、マリオネットライン(顎の両外側の溝)を
    どのように治療するか?

    当院では多血小板血漿療法(PRP)を行っています。

    百聞は一見にしかず。

    60歳代の女性です。左マリオネットラインを気にされています。
    この部位にお化粧がつまることが不愉快とのこと。

     

    多血小板血漿療法(PRP)を行い、5ヵ月後です。
    マリオネットラインがかなり目立たなくなりました。

     

    治療してから1年6ヵ月後です。さらに改善しています。
    触った感じもとても自然です。

     

    もう一度、治療前の写真。

     

    ヒアルロン酸注入、スレッドリフト(糸による引き上げ治療)なら、効果がなくなっている
    時期です。

    PRP療法は、注入して1ヵ月後くらいより効果が発現します。
    6ヶ月、長い人ですと9ヶ月くらいまで効果が向上します。

    効果は3年以上継続することも、しばしばあります。
    とてもよい治療だと思います。

当医院は『予約制』です。お問い合わせ・診療のご予約はこちら 受付可能時間=診療時間 TEL 052-332-7870

診療時間

MORE

当医院は『予約制』です
AM 10:00 - PM 1:00
PM 2:00 - PM 4:30
PM 5:00 - PM 6:30

○…通常診療
☆…手術/レーザー治療(フォトRFなど)/ヒアルロン酸/ボトックス治療など

アクセス

MORE

〒460-0012
名古屋市中区千代田3-14-14 パルティール鶴舞2F

● JR 中央線 鶴舞駅 公園前出口 徒歩約2分
● 地下鉄 鶴舞線 鶴舞駅 ⑥番出口 徒歩約2分

ページの先頭へ