名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

粉瘤(アテローマ)

粉瘤とは?

一見ニキビと間違えてしまいそうなできもの粉瘤(ふんりゅう)

表皮から剥がれ落ちる老廃物が、皮膚内部に溜まることによってできる良性の腫瘍です。皮膚腫瘍のなかでもっとも多く見られます。

ニキビと違って軽視することのできないもので、初期の段階ではしこりがみられる程度ですが、放っておくと大きくなり、細菌感染を起こすと痛みを伴うようになります。

粉瘤を完全に治療するには、皮膚の下にできた袋自体を手術で切除しなければいけません。 再発を防止するためにも手術をすることが一番確実であり、簡単に治ります。

粉瘤の治療方法

粉瘤の治療方法
くりぬき法を原則として行っています。

トレパンと呼ばれる丸い金属メス(顔は4mm、体は5mm)を用いて粉瘤の中央部に穴をあけて袋を取り出す方法です。
ルーペで袋を観察しながら、チタン製の特殊な手術剪刃で袋を完全に取り出します。術者の技量・経験が必要です。

当院はくりぬき法による手術を豊富に手がけています。
負担が少なく傷跡が目立ちにくいなどの利点があります。
(過去に化膿したことがある粉瘤はくりぬき法が困難です)

炎症を生じると赤く腫れます

炎症を生じると赤く腫れます

粉瘤の境界が不明瞭になっています

粉瘤の境界が不明瞭になっています

このように炎症を生じた場合は直ぐには手術できません。
お近くの皮膚科を受診して、炎症を治癒させてください。

粉瘤の症例

症例① 顔の粉瘤

症例① 顔の粉瘤

症例② 背中の粉瘤

症例② 背中の粉瘤

症例③ 顔の粉瘤

症例③ 顔の粉瘤
診療だよりでもっと詳しく読む

当医院は『予約制』です。お問い合わせ・診療のご予約はこちら 受付可能時間=診療時間 TEL 052-332-7870

診療時間

MORE

当医院は『予約制』です
AM 10:00 - PM 1:00
PM 2:00 - PM 4:30
PM 5:00 - PM 6:30

○…通常診療
☆…手術/レーザー治療(フォトRFなど)/ヒアルロン酸/ボトックス治療など

アクセス

MORE

〒460-0012
名古屋市中区千代田3-14-14 パルティール鶴舞2F

● JR 中央線 鶴舞駅 公園前出口 徒歩約2分
● 地下鉄 鶴舞線 鶴舞駅 ⑥番出口 徒歩約2分

ページの先頭へ