名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

しみ(フォトRF)

  • 雀卵斑のフォトRF治療

    2010-11-03 UP!     カテゴリー:しみ(フォトRF), 診療だより

    フォトRFの最もよい適応が雀卵斑(そばかす)だと思います。
     
    35歳の男性です。知人に肝斑と言われて来院されました。
     
    米粒大の色素斑が鼻から頬部に対称性に広がっています。
    典型的な雀卵斑(じゃくらんはん)の所見です。

     
    フォトRF治療の最もよい適応は雀卵斑です。
    1~2回目が最も効果が高いです。1回のみフォトRF治療を行いました。
     
    1年後に再診されました。これなら上出来ですね。

     
    雀卵斑は病態の本質が色素異常です。フォトRF治療しても1年もすれば色素斑が濃くなってきます。1年たってこの状態ならばよいほうでしょう。
     
    両頬部やや下方の大きな色素斑は雀卵斑ではなく老人性色素斑です。
    この部分のみはQスイッチルビーレーザーで照射してもよいでしょう。
     
    雀卵斑は頑張って続けて何回も治療しない。
    2~3回できっちりと結果を出して、その後は年に1~2回フォローアップ照射をする。
     
    これでいいのです。

ページの先頭へ