名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

SSクリニックYouTubeチャンネル

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

眼瞼下垂の記事一覧

  • 人生を取り戻す眼瞼下垂手術 ー修正術についてー

    2021-08-10 UP!     カテゴリー:眼瞼下垂, 診療だより

     
     みなさまの善意でSSクリニックのブログが成り立っています。
     
     今回は下垂の修正術についてお話させてください。
     
     30歳代の女性のかたにご協力いただきました。
     
     CMで有名な全国チェーン美容外科で両目の眼瞼下垂手術を
     受けました。
     
     当院初診の写真です。左右差が酷いです。

     
     
     
     患者さまのお話によると、抜糸は看護師にされたそうです。
     
     左右差について担当医に訴えましたが、6ヵ月は何もできないと
     突き放されるように言われたそうです(涙)。
     
     この状態で半年経過すると、瞼板が歪みませんか?
     
     この顔では仕事に行けないと外来で号泣。
     緊急手術することにしました。
     
     
     皮膚に余剰がないため、追加切除せずに前の創を切開します。

     
     
     ミュラー筋によくわからない糸が縫合されていたので抜糸します。

     
     
     挙筋腱膜をはがして、程よい位置へ瞼板固定します。
     
     眼の開きは必ず座位で確認します(術中の座位の写真)。

     
     
     皮膚を縫合して手術は終了です。
     重瞼幅が広いのは、前医で広い幅で切開されているからです。

     
     
     手術後、1週間が経過したので抜糸します。
     まだ腫れていますが、3ヵ月ほどすればすっきりします。

     
     
     術前             術後1週間

     
     
     
     患者さまは、これで仕事に行けるとずいぶん喜んでいました。
     自分の経験を伝えたいと、ブログにも積極的に協力して頂けました。
     

     眼瞼下垂手術の左右差は経験豊富な医師が行っても生じることがあります。
     そのような時にどんな対応をするかで、医師の器量が問われます。
     
     一般に低矯正より過矯正(びっくり目)のほうが修正は難しいです。
     
     
     目の手術は経験があり誠実な担当医を選ばれることが大切です。
     
     瞼の抜糸を看護師にさせるようなクリニックは・・・。
     
     ほんとうに信頼できるクリニックを選んでください。

  • 人生を変える眼瞼下垂手術 その2

    2021-07-30 UP!     カテゴリー:眼瞼下垂, 診療だより

     
     しつこいようですが、眼瞼下垂手術は人生を変えます。
     
     機能と外観を変えるには術者の技量が必要です。
     
     
     40歳代の女性にブログを協力して頂きました。
     大変ありがとうございます。
     
     ずっと両まぶたが重く、決心をして当院を受診されました。
     
     今回は片側だけ供覧いたします。
     術後の経過について詳しく説明させてください。
     
     
     初診時の左まぶたです。重そうですね。

     
     
     手術はデザインで半分以上が決まります。
     皮膚は取りすぎないほうが自然な外観になります。

     
     
     手術直後です。ある程度、まぶたは腫れます。

     
     
     手術8日後です。抜糸します。
     まぶたがかなり楽になった、と。

     
     
     手術15日後です。
     まだ少しむくみが残っていますが、問題なく職場に通勤。

     
     
     手術1ヵ月後。あと少し!

     
     
     手術6ヶ月後です。いいですね!
     理想的なアーモンドアイになりました。

     
     
     治療前            治療6ヶ月後

     
     
     患者さまからのコメントです。
     「ウソのように両まぶたが楽になりました。
     毎日がとても快適です。もっと早くやればよかったです。」

     
     人生を変える眼瞼下垂手術。
     大げさではなく、本気で私はそう思っています。

     

  • 眼形成外科医との邂逅

    2021-04-23 UP!     カテゴリー:眼瞼下垂, 診療だより

     
     眼科医の中で、眼瞼下垂などを専門的に扱う医師がいます。
     眼形成外科医です。
     
     私が眼瞼下垂の修正術を始めたのは、一流の眼形成外科医たちとの
     交流がきっかけです。
     
     韓国のスーパースター眼形成外科医Dr.Choiと日本を代表する
     眼形成外科医の柿﨑裕彦教授。

     
     
     
     いろいろなことを学んできました。

     
     
     
     愛知医科大学病院まで行き、眼形成外科医の眼瞼下垂手術を
     学ばせてもらいました。なつかしい写真です。

     
     
     
     京都まで行き、若き眼形成外科医のホープ渡辺彰英先生の
     顕微鏡下眼瞼下垂手術も見学させてもらいました。

     
     
     
     現在、私が眼瞼下垂の修正術を積極的に行い、眼科医からも紹介が
     あるのは、今までの蓄積があるからです。
     
     多くのスーパードクターとの邂逅に感謝、感謝です。

  • 眼瞼下垂修正術と眼瞼解剖学

    2021-04-21 UP!     カテゴリー:眼瞼下垂, 診療だより


     
     眼瞼下垂手術、奥が深いです。

     
     眼科の先生よりご紹介頂くことも多々あります。
     
     ありがとうございます。
     全身全霊をこめて執刀いたします。
     
     眼瞼下垂手術の中でも特に大変なのが、他院修正術です。
     眼瞼の組織が瘢痕で癒着しているからです。
     
     重要な組織が切り取られて、なくなっていることもあります。
     
     瞼は人の顔で最も目立つパーツです。
     できるだけきれいに仕上げたいと、手術を創意工夫しています。
     
     眼瞼下垂修正術で大切なことの一つが眼瞼解剖学です。
     
     癒着した眼瞼組織は白くなり、各部位の同定がしづらくなっています。
     
     眼瞼解剖学を完全に理解することが大切なのは言うまでもあり
     ません。

     超アトラス眼瞼手術 眼瞼手術に必要な解剖
     柿﨑裕彦 全日本病院出版会

     
     
     コロナ感染が流行する前まで、定期的に海外の解剖学実習に参加していました。

     
     
     二人一組のかなり贅沢な解剖環境です。

     
     
     
     SSクリニックを信じて来て下さった大切な患者さまに、ベストの
     治療を提供できるよう日々精進する。当たり前のことです。
     
     
     韓流スターの眼形成で有名な眼形成外科医のChoi先生にマンツーマンで
     教えて頂いたことがあります。なつかしい思い出です。

     
     
     解剖トレーニングの記念時計。懐かしいです。

  • 笑気吸入鎮静法

    2021-02-03 UP!     カテゴリー:眼瞼下垂, 診療だより

     
     二重瞼埋没法、眼瞼下垂手術、眉下切開リフトなど眼回りの
     手術は緊張するせいか、局所麻酔が痛い?
     
     SSクリニックでは局所麻酔の痛みを軽減するため、
     笑気吸入鎮静法を採用しました。
     
     笑気(しょうき)には鎮静・鎮痛作用があり、麻酔前に2~3分
     吸入することで、楽に局所麻酔が受けられます。
     
     
     こんな板書を院内に置きました。

     
     これが実物です。スタイリッシュですね!

     
     
     SSクリニックはこれからも大切な患者さまに優しい治療を
     心がけていきます。

  • 人生を変える眼瞼下垂手術

    2020-01-29 UP!     カテゴリー:眼瞼下垂, 診療だより

     
     「朝起きて鏡を見ると、気分がブルーになります」
     
     なんとことかわかりますか?
     
     まぶたが下がる眼瞼下垂症で、お悩みのかたのコメントです。
     
     
     当院での手術例を供覧いたします。
     
     59歳の男性です。ブログに協力して頂きありがとうございます。
     
     日本酒会の会長をされており、公の場にしばしば顔をだされる要人です。
     
     奥様からの強い推薦があり、当院を受診されました。
     
     
     右は皮膚がかぶさり、左はまぶたが下がっています。
     眼の左右差が、疲れた感じを強調しています。

     
     
     当初の予定では右は眉下切開リフト、左は挙筋前転術を予定。
     
     術式は、手術日のぎりぎりまで悩みました。
     
     術式は左右で同じ方式を選んだほうがよいと考え直し、
     左右とも挙筋前転術(眼瞼下垂手術)を選択しました。
     
     手術は半分以上がデザインで決まります。
     右まぶたは皮膚を多く取るので、切開線を長くします。
     
     
     
     手術直後の写真です。今回はかなり腫れました。

     
     
     手術3ヵ月後の写真です。すっきりしましたね。
     美容外科でありがちな、閉瞼時の陥凹もありません。


     
     
     術前と術後3ヶ月。1年くらいすれば、もっとすっきりします。

     
     
     眼瞼下垂手術は眼を開けやすくする手術ですが、
     ていねいに執刀することで整容的な満足も得られます。
     
     この手術で患者さまは、ずいぶん自分に自信がついたと。
     
     医者冥利につきます。よかったです。

当医院は『予約制』です。お問い合わせ・診療のご予約はこちら 受付可能時間=診療時間 TEL 052-332-7870

診療時間

MORE

当医院は『予約制』です
AM 10:00 - PM 1:00
PM 2:00 - PM 4:30
PM 5:00 - PM 6:30

○…通常診療
☆…手術/レーザー治療(フォトRFなど)/ヒアルロン酸/ボトックス治療など

アクセス

MORE

〒460-0012
名古屋市中区千代田3-14-14 パルティール鶴舞2F

● JR 中央線 鶴舞駅 公園前出口 徒歩約2分
● 地下鉄 鶴舞線 鶴舞駅 ⑥番出口 徒歩約2分

ページの先頭へ