名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

その他

  • 山本美容塾 鼻形成

    2012-09-10 UP!     カテゴリー:その他, 診療だより

    夏の終わりに杉並区にある美容の虎の穴、山本塾に参戦しました。
    テーマは鼻形成です。
     
    鼻は積極的には手がけていないため休戦しようとしたところ塾長から
    いいもの見せてやるからとにかく来い、と伝令がありました。
     
    この日は4例の鼻手術がありました。
     
    1例目はプロテーゼによる隆鼻と鼻尖部形成(軟骨縛り)。
    2例目は鼻尖部形成。
    3例目はプロテーゼ入れ替え、片側の鼻翼挙上、鼻尖部形成。
    4例目は鼻腔内でのX plasty。
     
     
    3例目の症例写真です。

     
    上の写真からいろいろなことが推測されます。
    おそらくL字型のプロテーゼが挿入されているがデザインミスで
    偏移してアップノーズ(鼻先が上を向く)になっている。
     
    正面からですと分かりにくいですが左鼻翼が右より下がっている
    のも気になります。
     
    山本塾長は患者さんを目の前にしてその重瞼は中国製だな、と看破。
    患者さんも素直に「はい、中国で美容整形手術を受けました」と。
     
    確かに重瞼線が不自然に凹んでいます。
    しかし、なぜ中国での手術と分かったのか?
     
    塾長曰く、中国での重瞼術は瞼板前脂肪などを切除して、瞼板をむき
    むきにするそうです。するとこのような陥凹して重瞼線になるそうです。
     
    鼻腔内を切開してプロテーゼを取り出します。確かに短い。
    片側の鼻腔内切開で抜去できますが、鼻尖形成もするため
    両側を切開しています。

     
    プロテーゼが短いうえに上端がしっかりと骨膜に固定されて
    いないため、プロテーゼが上方に偏移して鼻尖が上を向いて
    しまったのでしょう。左鼻翼の変形もその影響でしょうか。
     
    余談ですがプロテーゼは骨膜固定が基本です。
     
    私はプロテーゼによる隆鼻術を受けたいろいろな患者さんの鼻根部を
    触らしてもらっていますがほとんどの人がぐらぐらと動きます。
     
    プロテーゼをしっかりと骨膜に固定している美容外科医は案外と少ないの
    ではないでしょうか?
     
    ちなみにこの患者さんはプロテーゼの入れ替え予定でしたが、左鼻翼挙上
    と鼻尖形成(軟骨しばり)のみで随分ときれいな鼻になったため、プロテーゼ
    を入れずにすみました。素晴らしい!異物はないほうがよい。
     
    4例目は鼻腔内のX plasty 。ちょっとした小鼻縮小に向いています。
    傷が外につかないのが最大の魅力です。

     
    この術式は美容外科の重鎮、セブンベルクリニックの渡辺純至先生が考案された手術です。
    簡単そうですが皮弁の回転方向などいくつかのコツがあります。
     
    侵襲が少なく、ちょっと変わるような手術が私も大好きです。
    塾長が私を呼んだ理由が分かりました。
     
    山本塾長を囲んで。塾長は4件の手術で少しお疲れです。
    今回は女医さんの参加が多かったですね。みんな美人だな~。

     
    11月は塾長をリーダーとして中国大連へ美容解剖セミナーに行ってきます。
    さんまさんのテレビ番組でも有名なカリスマ美人女医あきこ先生も参戦です。
    もちろん私も特攻隊長として突撃します。
     
    東急ハンズで突撃ラッパを探してまいります。

ページの先頭へ