名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

ヒアルロン酸

  • 高齢者は下顎部が若返りのポイント

    2019-12-30 UP!     カテゴリー:ヒアルロン酸, 診療だより

     
     60歳頃より下顎部のたるみが気になってきます。
     
     マリオネットライン(labiomandibular fold)とよばれる顎のたるみ治療
     についてお話します。
     
     写真は71歳の女性です。ブログにご協力いただきありがとうございます。
     
     素敵なミセスさまですがマリオネットラインが気になります。

     
     
     右のマリオネットライン

     

     左のマリオネットライン


     

     注入治療に用いる代表的なフィラー製剤としてコラーゲン、ヒアルロン酸、
     カルシウムハイドロキシアパタイトなどがあります。

     
     それぞれの製剤によさがあります。
     
     私はマリオネットラインにはレディエッセ(Radiesse)と呼ばれるカルシウム
     ハイドロキシアパタイト製剤を好んで使用します。

     
     ドイツのMerz社が製造しており2006年にFDA承認済みです。
     
     レディエッセをマリオネットラインに注入します。

     治療前、治療直後です。



     マリオネットラインでけでなく、顎のラインが少しシャープになったのが

     おわかりになると思います。
     
     治療前後 右マリオネット

     
     治療前後 左マリオネット

     
     レディエッセをマリオネットラインに注入するときはカニューラを使用して
     注入周囲の組織を剥離して均一に注入できるようにします。

     
     下顎靭帯を補強するように注入すると顎のラインがシャープになります。
     顔がずいぶんとすっきり見えます。
     
     高齢者は下顎部が若返りのキーポイントなのです。
     
     レディエッセ1本(1.5cc)買取 12万円(税込み)
     カニューラ代 1,100円 手技料 3,000円

ページの先頭へ