名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

眼瞼下垂

  • 人生を変える眼瞼下垂手術

    2020-01-29 UP!     カテゴリー:眼瞼下垂, 診療だより

     
     まぶたが下がる眼瞼下垂症でお悩みのかたは少なくありません。
     
     眼科、形成外科、美容外科それぞれの考え方があります。
     
     当院での手術例を供覧いたします。
     
     症例は59歳の男性です。ブログに協力して頂き、ありがとうございます。
     
     朝起きたとき、鏡を見ると気分がブルーになると。
     日本酒会の会長をされており公の場にしばしば顔をだされる要人です。
     
     奥様からの紹介で当院を受診されました。
     
     
     右は皮膚がかぶさり、左はまぶたが下がっています。
     眼の左右差が疲れた感じを強調しています。

     
     
     当初の予定では右は眉下切開リフト、左は挙筋前転術を予定。
     
     術式は手術日のぎりぎりまで悩みました。
     
     術式は左右で同じ方式を選んだほうがよいと考え直し、
     左右とも挙筋前転術(眼瞼下垂手術)を選択しました。
     
     手術は半分以上がデザインで決まります。
     右まぶたは皮膚を多く取るので切開線が長くなります。
     
     
     手術直後の写真です。今回はかなり腫れました。

     
     
     手術3ヵ月後の写真です。
     すっきりしました。美容外科でありがちな閉瞼時の陥凹もありません。


     
     
     術前と術後3ヶ月。1年くらいすればもっとすっきりします。

     
     
     眼瞼下垂手術は眼を開けやすくする手術ですが、ていねいに執刀する
     ことで整容的な満足も得られます。
     
     この手術で患者さまはずいぶん自分に自信がついたと。よかったです。

ページの先頭へ