名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

エルビウムヤグレーザー

  • 眼瞼黄色腫 ー レーザーで治す!ー

    2020-05-27 UP!     カテゴリー:エルビウムヤグレーザー, 診療だより

     
     あれっ、目立ちますね。

     他人から瞼の黄色いできものを指摘されたそうです。
     
     上眼瞼にできる黄色の結節は眼瞼黄色腫と呼ばれています。
     コレステロールを貪食した細胞からなる結節です。
     
     治療は内服、手術、レーザー治療などがあります。
     なにがいいのでしょう?
     
     確実な効果から私はレーザー治療を選択しています。
     
     今回は41歳の男性に協力いただきました。
     この場をおかりして深謝いたします。
     
     他人から指摘された両上眼瞼の黄色腫です。

     
     
     左上眼瞼黄色腫のダーモスコピー所見です。
     黄色の房状の結節です。

     
     
     手術で切除するのも一つの方法ですが、まぶたの引きつれなどが
     生じる恐れがあります。
     
     
     当院では皮膚への負担がすくないエルビウムヤグレーザーを使用しています

     右上眼瞼黄色腫をレーザー照射 ⇒ 眼輪筋が露出する直前まで照射

    ~
     
     右上眼瞼黄色腫            レーザー治療4ヵ月後

     
     
     
     経過はまずまずですね。
     眼瞼黄色腫をレーザー治療できれいに治すクリニックは全国でも数少ないと思います。
     
     照射して10日間くらいはテープを貼る必要があります。これが一番の負担です (涙)
     治療翌日より入浴ができます。
     
     毎日、創部を入浴中に石鹸であらい、入浴後にテープを貼ってくださいね。
     
     治療して2ヶ月くらいは赤くみえます。
     
     眼瞼黄色腫は皮膚腫瘍ではなく、脂質代謝異常なので再発することがあります。
     
     だからこそ再治療がしやすいレーザー治療がよいのです。
     
     眼瞼黄色腫のレーザー治療のよさについては
     令和2年6月開催される「日本皮膚科学会総会モーニングセミナー」で発表します。
     
     全国の皮膚科医へ当院の奥儀を伝えます (笑)
     
     
     レーザー治療は自費診療です。
     詳細はクリニックへお問い合わせください。

ページの先頭へ