名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

ほくろの記事一覧

  • たかがホクロ、されどホクロ -修正について-

    2015-04-16 UP!     カテゴリー:ほくろ, 診療だより

     ホクロ治療はあんがい大変です。

     他院でホクロ治療を受けた後、仕上がりに満足されず、当院を受診される
     患者さんがしばしばいらっしゃいます。

     ブログに協力下さり、誠にありがとうございます。

     39歳の女性の方です。
     某美容外科で2回のホクロ治療を受けています。
     左鼻の入り口に凹みと色素が残っています。よくありがちなパターンです。
    画像 35595

     

     かなりしっかりと削られたようですが、ホクロは取りきれていません。
     治療による凹みも残っています。

     このタイプのホクロは難しいです。

     術後の厳重な閉鎖保存療法の必要性を説明して、納得して頂いて治療します。

     ドイツ製の精密器械エルビウムヤグレーザーで治療します。
    エルビウムヤグレーザー

     

     治療直後です。中央の深い穴に注目下さい。
    画像 35596

     

     エルビウムヤグレーザーで病変を一回り大きスプーン状に削ります。
     この症例は毛嚢にそってホクロの細胞が深くまで浸潤していました。

     この部分を2mmトレパンでくり抜きました。

     病理組織検査です。
     毛嚢に沿って母斑細胞がシート状に深く浸潤しています。
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     これは深いです。深部でもメラニン色素は産生しています。
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

     病変全体を深く削ると、大きな凹みが残りますが、点で深く削るのであれば
     凹みは残りません。

     当院ではホクロ治療はほぼ全例にエルビウムヤグレーザーで削った後、
     Qスイッチルビーレーザーの追加照射をしています。

     このダブル照射により、ホクロ色素の再発率がずっと減少します。

     治療3ヵ月後。
     わずかに凹みはありますが、1年くらいするともう少し目立たなくなります。
    画像 37546

     

     治療前。
    画像 35595

     

     治療1年8ヶ月。再発もなく、患者さんはとても満足されています。
    治療1年8M

     

     お気づきだと思いますが、当院は治療してからの経過が長い写真がよく出ます。
     しっかりと長期フォローをさせて頂いていますよ。

     1回治療したら、その後再診させない美容外科もありますが、それはよくありません。
     自分の施術には最後まで責任を持つべきでしょう。

     エルビウムヤグレーザーを用いたホクロ治療は、とても効果的です。

  • エルビウムヤグレーザー やっかいなホクロ

    2013-03-03 UP!     カテゴリー:ほくろ, エルビウムヤグレーザー, 診療だより

    シミ治療ほどではないですが、ホクロ治療を希望されるかたも多いです。
     
    81歳女性。右上口部のできもの。毛剃りをする際にお困りのようです。

     
     
    ダーモスコピーで確認すると産毛とメラニン色素が検出されます。
    色素性母斑(ホクロ)の所見です。Miersch型のホクロです。

     
     
    頭以外のホクロはエルビウムヤグレーザー(エスクレピオン社ドイツ)で治療しています。
    再発しないよう少し深くまで削ります。

     
     
    治療16日目です。上皮化していますが発赤が目立ちます。

     
     
    発赤は3ヶ月ほど経過すれば自然に目立たなくなります。
    通常はこの時点で診療はお終いです。
     
    上口部のホクロはやっかいです。
    この時点から2~3ヶ月経過してから赤く隆起してくることがあります。
     
    上口部は発声、食事など動きがとても多い部位です。
    その影響か、肥厚性瘢痕を生じることがあります。
     
    上皮化した時点でピタシート(ハイドロコロイドの硬いタイプ)を貼付。

     
     
    治療3ヵ月後です。
    肥厚性瘢痕が生じることなく、きれいな状態です。

     
     
    上口部のホクロ治療は少しやっかいです。
     
    私も気を使います。
    患者さんにも3ヶ月近くハイドロコロイド製剤を貼ってもらいます。
     
    口もとのホクロを本気で治療するには双方にそれなりの覚悟が必要です。
     
    追記
    ピタシートは千歳台きたのクリニックの北野幸恵先生から教えて頂きました。
    名古屋ではほとんど普及してないようです。
    いろいろな先生との交流からよりよい治療が広がります。感謝です。

  • ほくろ治療 今さら思う

    2012-10-08 UP!     カテゴリー:ほくろ, エルビウムヤグレーザー, 診療だより

    エルビウムヤグレーザーを購入して2年以上が経ちました。
     
    炭酸ガスレーザーを使うことはほとんどなくなりました。
    血管拡張性肉芽腫、陥入爪で爪甲矯正術を行う時くらいでしょうか。
     
    ほくろ治療で大活躍のエルビウムヤグレーザー。

     
     
    炭酸ガスレーザーより10倍水分吸収が高いです。             

     
     
    エルビウムヤグレーザーで組織を削ると焦げません。
    水への吸収が10倍だとなぜ焦げない?
     
    北野幸恵先生とこの件についてお話させて頂いた事があります。
    この事を追求しているうちにランベルト・ベールの法則にたどり着いたそうです。
     
    ランベルト・ベールの法則とエルビウムヤグレーザーがどう関係あるのか?
    分からないまま時間が流れました。
     
    千歳台きたのクリニック(北野 幸恵院長 www.kitanohifukeisei.com )のブログ
    皮膚の歳時記にこのことについての説明がありました。
     
    目からうろこが落ちる思いで読みました。
    北野先生の快諾を得ましたのでかなり簡略化して書きます。
     
     
    ランベルト・ベールの法則

     
    法則は対数関数で示されるので割愛します(以前のブログを参照して下さい)。
     
    「吸収係数」と「一定量のエネルギーが減衰する距離」は反比例の関係にある。
     
    この法則から吸収が10倍よいと同じ量の光エネルギーが組織に吸収されるまでに
    進む距離は10分の1になります。
     
    エルビウムヤグレーザーはエネルギーが小さいボリュームに凝縮されるので、水分子が
    ごく短時間に蒸発し、蒸散します。だから焦げないのです。
     
    これに比べ炭酸ガスレーザーはエネルギーがより大きい組織に分散吸収されるので、
    温度上昇が非常に緩やかです。照射を重ねることで周囲組織がじりじりと熱くなり
    組織から水がなくなり、「焦げ」が始まるのです。
     
    下の写真のような患者さんがよく来院されます。左頬部の凹み、何か分かりますか?

     
    写真はほくろ治療後です(私が治療したわけではないですよ)。
    このようにベテランの美容外科の先生が治療しても陥凹が残ることもあります。
     
    ほくろを目立たなく治療することはあんがい難しいのです。
     
    私の経験では陥凹が残りやすいのはおでこです。
    上口部(鼻と唇の間)は治療後に盛り上がることがあるので注意が必要です。
     
    ほくろは広く、なだらかに面として少しずつ削っていくと傷跡が目立ちにくくなります。
    ほくろ治療でエルビウムヤグレーザーを好んで使用する理由はそのためです。
     
    ほくろは一太刀で削るのではなく繊細に少しずつ削り取っていく作業に似ています。
    彫刻に近いのかもしれません。
     
    このような素敵な建造物も少しずつこつこつと作っていくしかないのです。
    (写真はサクラダファミリア 2006.9.12 訪問 )

     
     
    開業した今でも学問的興味をずっと持ち続け診療に打ち込む北野先生。
    いやはや凄いお人だなと、今さらながら感じ入ります。
     
    写真中央が北野幸恵先生(大阪のメディカルU&A セミナーにて)。
    東京大学理科Ⅲ類卒業の才色兼備の素敵な先生です。

     
     
    今回のブログはかなり北野先生のブログを真似しました。私に独創性はあまりないので。
    北野先生、快諾して頂きありがとうございます。

  • まっとうなホクロ治療

    2011-11-23 UP!     カテゴリー:ほくろ, エルビウムヤグレーザー, 診療だより

    ホクロ治療は意外と奥が深いものです。
     
    昔は炭酸ガスレーザーでホクロ治療をしていました。
    炭酸ガスレーザーは点で面を作る感じです。どうしても不均一な照射面となります。

     
    エルビウムレーザーを購入して一年以上が経過します。
    点ではなく面で照射するイメージです。

     
    右頬部にある黒色の小結節です。まずは診断です。

     
    Dermoscopy では基底細胞癌に特徴的ななLeaf-like areas、Arbolizing vessels は
    見られません。母斑細胞性母斑(ホクロ)の所見です。

     
    ホクロは一回り大きく照射するのがポイントです。

     
    さあ、どんどん削っていきますよ。カサブタができないので病変がよく分かります。

     
    あと少しですね。ここで照射を止めると再発します。

     
    照射後はハイドロコロイド製剤を用いた10日間の閉鎖療法が理想です。
    ホクロ治療のような単純な治療こそ、そのクリニックのレベルが分かるのだと思います。
     
    いい治療を受けて下さい!

  • 真っ当なホクロ治療

    2010-04-29 UP!     カテゴリー:ほくろ, 診療だより

    ホクロの治療は奥が深いです。
     
    ホクロの治療で美容外科医の実力が分かるのでは?
    単純な治療だからこそ技量が出やすいのだと思います。
     
    「それはちょっとな~」と思った患者さんを提示します。
     
    高校生の頃にチェーン(全国展開)美容外科でホクロ治療をうけたそうです。
    治療した周囲に色素斑が残っています。治療範囲が狭すぎるのです。

     
    ダーモスコピーです。中央部は白く瘢痕となっています。

     
    反対の頬部にもホクロ治療の取り残しがあります。
    中央部がえぐれて周囲には色素斑が残っています。雑な治療ですね。

     
    ダーモスコピーです。

     
     
    違う有名チェーン美容外科でホクロ治療を受けた別の患者さんです。
    えぐれてクレータ状になっています。

     
    凹ましたらダメなのです。
    もとには戻りません。2~3回治療してもよいから凹まさずにに治すのがプロです。
     
    一般的にホクロ治療は炭酸ガスレーザーを用います。
    もちろん私も使用しています。
     
    焼灼モードは熱ダメージの少ないSP(スーパーパルス)モードを選択します。

     
     
    葛西健一郎先生の書かれた「炭酸ガスレーザー治療入門」から引用しました。
    ホクロは浅く広く焼灼するのが基本です。下の図なら bではなく cが正解です。

     
    葛西形成外科にてホクロの炭酸ガスレーザー治療を見学する機会に恵まれました。
    山村有美先生の炭酸ガスレーザー焼灼は素晴らしかったですよ。
    フットスイッチを足で小刻みに踏んでリズミカルに焼灼していました。
     
    炭酸ガスレーザーは足で打つ!
     
    私は患者さんに必ず言います。
    「ホクロは浅い(薄い)のは1回、深い(濃くて隆起)ものは2~3回かけて治します」
     
    SSクリニックを受診した患者さんです。

     
    広く浅く焼灼します。焼灼直後の写真です。これでいいのです。
    このタイプの単純黒子なら1回の焼灼で取れるでしょう。

     
    ホクロ治療は凹ましたら負けです。
     
     

    参考文献
    炭酸ガスレーザー治療入門 文光堂 葛西健一郎、酒井めぐみ、山村有美

  • 【ホクロの治療】 -私の考えー

    2009-09-05 UP!     カテゴリー:ほくろ, 診療だより

    顔のホクロ、気になりませんか?

    一般に顔のホクロは大きく2つに分類できます。
    平坦なものと隆起しているものです。
    前者は単純黒子(lentigo simplex)、後者はMiescher 型の真皮内母斑です。
     
    私は単純黒子を炭酸ガスレーザーで焼灼、真皮内母斑はサージトロンで焼灼しています。理論的な裏づけはありませんが、この方法が術後の経過がよいことを経験しています。
    私たち臨床医はこの経験の積み重ねが何よりも大切なのです。

    術後のトラブルとなるのは再発です。。施術して1ヶ月後くらいより部分的に黒色の色素沈着が出現することがあります。

    深く焼灼すればよいと考えがちですが、真皮層の深いレベルまで焼灼すると陥凹が残ります。 陥凹を生じない深さに焼灼を留めるのがミソでもあります。

    今回はこの再発性の色素沈着についてお話します。
     
    右頬部と唇の上にある盛り上がったほくろを気にされて来院されました。このタイプの隆起性のほくろはサージトロンで焼灼します。

     
    下の写真がellman社のサージトロンです。ラジオ波と呼ばれる高周波の波長で組織を焼灼する為、創傷ダメージが最小限で抑えられます。

     
    施術後間もないやや赤い創面(右頬部、上口部)に黒い色素斑が再発しました。

     
    右頬部のダーモスコピー(10倍拡大像)です。不整型の濃い黒褐色斑があります。

     

    上口部のダーモスコピーです。黒褐色斑の出現があります。うぶ毛も目立ちませんか?
    顔の盛り上がったホクロは太いうぶ毛を伴うことが多いのです。

     
    以前はサージトロンもしくは炭酸ガスレーザーで再焼灼していました。

    ダーモスコピー画像を見てはっと思ったことがあります。
    色素の出現は母斑細胞の再発なのでしょうか?
    色は濃く、私には残ったメラニンがエリミネーション(排出)して表皮~角層にに排出されているように思えるのです。
    その仮説が正しいならばルビーレーザー照射でも効果があるはずです。
     
    The Ruby Z-1(JMEC社)の登場です。私は表皮もふっ飛ばしたいでのQ-switch ではなく
    Normal モードを選択します。この器械はQ-switch とNormal 照射を選択することができます。この機能はとても大きいですよ!

     
    左頬部の再発をRuby laser 照射した直後のダーモスコピー像です。色素だけがきれいに
    吹っ飛んでいます。この芸当は炭酸ガスレーザーでは不可能です。

     
    上口部の再発をルビーで照射した後のダーモスコピー像です。
    色素だけでなくうぶ毛も吹っ飛んでいるのが分かりますか?

     
    ルビーレーザー照射12日後です。再発した色素斑は跡形もなくなっています。
    レーザー照射部も完全に上皮化しているのが分かりますか?


     
    この方はきれいになりますよ。
    きれいになったお礼にと宮崎県の焼酎「100年の孤独」頂きました。こんな高価なお酒をありがとうございます。休診日の前にじっくりと酔わせてもらいます。楽しみだな~
     
    ルビーレーザーのよいところは炭酸ガスレーザーと違って麻酔注射が必要ないことです。
    また上皮化がとても早いのも大きな特徴です。
     
    別の症例です。サージトロンで左下顎部のホクロを焼灼しましたが色素斑が出てきました。

     
    ダーモスコピーで見るとこんな感じです。褐色斑とやや太いうぶ毛も目立ちますね。

     
    ルビーレーザー(Normal モード)で照射1ヶ月後のダーモスコピー像です。
    メラニン色素ははきれいになくなっています。太いうぶ毛も細くなり目立たなくなっているのが分かりますか? 毛はメラニンを有する為、ルビーレーザーに反応するのです。

     
    患部はやや白いですが時間ととも馴染むでしょう。

     
    サージトロン(もしくは炭酸ガスレーザー)とルビーレーザーのコンビネーション治療。
    ホクロの治療にはこの組み合わせがよいと思っています。

    皮ふ科SSクリニックは最後まで責任を持って治療するクリニックです。

当医院は『予約制』です。お問い合わせ・診療のご予約はこちら 受付可能時間=診療時間 TEL 052-332-7870

診療時間

MORE

当医院は『予約制』です
AM 10:00 - PM 1:00
PM 2:00 - PM 4:30
PM 5:00 - PM 6:30

○…通常診療
☆…手術/レーザー治療(フォトRFなど)/ヒアルロン酸/ボトックス治療など

アクセス

MORE

〒460-0012
名古屋市中区千代田3-14-14 パルティール鶴舞2F

● JR 中央線 鶴舞駅 公園前出口 徒歩約2分
● 地下鉄 鶴舞線 鶴舞駅 ⑥番出口 徒歩約2分

ページの先頭へ