名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

SSクリニックYouTubeチャンネル

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

粉瘤

  • 赤くなった炎症性粉瘤はやっかい!

    2021-09-11 UP!     カテゴリー:粉瘤, 診療だより

     
     粉瘤は赤くなることがあります。
     
     それが炎症です。
     
     赤く腫れて痛いです。
     治療の基本は切開してのドレナージです。
     
     
     根治術ではなく対処療法が基本です。
     
     
     時に、炎症性粉瘤に対して、根治術を行うことがあります。
     エコー検査で評価します。
     
     
     今回は54歳の女性のかたにご協力頂きました。
     ありがとうございます。
     
     10年前より、右上口部に腫瘤がありましたが、急に腫れて
     きたそうです。中央にヘソがあることから粉瘤を考えます。

     
     
     
     エコー検査で嚢腫壁がかなり崩れているのがわかります。
     上顎骨近くまであるので、かなり深い粉瘤です。
     
     
     
     原則としては、切開ドレナージによる応急処置ですね。
     
     顔なので、根治術を狙います。
     
     
     4mmトレパンでヘソに穴をあけます。膿と内容物がでます。
     
     
     
     最後にCyst(袋)をきれいに剥がしとります。

     
     
     
     摘出した粉瘤の病理組織検査です。
     ヘソの部分がかなり入り組んでいるのがわかります。
     
     
     
     嚢腫壁(袋)は口輪筋の近傍まで及んでいます。
     
     
     
     手術して19日後です。陥凹を残して上皮化しています。
     これから3~6ヵ月かけて傷が目立たなくなっていきます。
     
     
     
     炎症性粉瘤を初回から「くりぬき法」で根治しました。
     
     初回に切開排膿して、二期的に根治術を予定すると、患部が瘢痕で
     硬くなっているのでメスでの摘出になります。
     
     顔に大きな傷を作るのはいただけまえせん。
     
     今回は上手く行きましたが、できない症例もあります。
     
     蛇足ですが抗生剤のみ処方する医師は問題外です。

ページの先頭へ