名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

SSクリニックYouTubeチャンネル

MENU

Copyright © SS Clinic.

※当サイトの情報の転載、複製、改変等は
禁止いたします。

診療だより

眼瞼下垂

  • ハードコンタクト性眼瞼下垂 ー手術の奥義ー

    2024-03-12 UP!     カテゴリー:眼瞼下垂, 診療だより

    前回の続きです。
     
    ハードコンタクトレンズの長期使用によって
    ミュラー筋が線維化します。
     
    京都府立医科大学眼科の渡辺彰浩先生が英文論文
    で発表されています。
    (渡辺先生、引用許可ありがとうございます)

    ミュラー筋と挙筋腱膜は1つの複合体になっています。
     
    ミュラー筋が線維化して硬くなると、くっついている
    挙筋腱膜の動きにも制限が生じます。
     
     
    そうなんです!
    ハードコンタクト性眼瞼下垂では挙筋腱膜をミュラー筋
    から剥がすことこそが最適解なのです。
     
     
    手術デザインです。皮膚を5mm切除します。

     
     
    挙筋腱膜をミュラー筋から剥がします。
    (患者さまは70歳なので瞼板露出は必要最小限。)

     
     
    術中、必ず座位で眼の開きを確認します。
     
    手術前           挙筋腱膜前転固定 座位

     
     
    皮膚縫合して手術終了です。

     
     
    重瞼ラインが取れないよう、皮膚を瞼板に縫い付ける
    ドクターもいますが、私はしません。
     
    余計な異物を瞼に残したくないこと、強すぎる重瞼ライン
    は凹んで不自然に見えるからです。
     
     
    そもそも、
    眼瞼下垂手術を行い、開瞼しやすい状態になると、
    自然な重瞼線になります。
     
     
    おさらいです。
    ハードコンタクト性眼瞼下垂手術のポイントは
    挙筋腱膜とミュラー筋の剥離です!

     
     
    それにはマイクロスコープ(手術用顕微鏡)が有用です。

     
     
    眼瞼の手術は、
    解剖と生理学的なメカニズムの理解が必須です。
     
    日々是精進!

ページの先頭へ