名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

SSクリニックYouTubeチャンネル

MENU

Copyright © SS Clinic.

※当サイトの情報の転載、複製、改変等は
禁止いたします。

診療だより

眼瞼リフト

  • 眼の下のクマ ーその5ー 剥離が大切

    2024-03-26 UP!     カテゴリー:眼瞼リフト, 診療だより

    眼の下のクマ治療、いろいろあります。
     
    経結膜脱脂術(まぶたの裏からの脱脂)は
    傷が残らないので、とても人気が高いです。
     
     
    最近、経結膜脱脂術+脂肪注入セットで
    提供するクリニックが増えています。
     
     
    知り合いの眼形成外科医はそのような風潮を
    ばっさりと
    切り捨てます。
     
    「眼の下の脂肪を抜いて、太ももから脂肪吸引して
    また下まぶたに入れる。バカじゃないのか」と。
     
     
    眼の下のクマは、眼輪筋が緩くなり突出した
    眼窩脂肪が下まぶたの強固な靭帯でブロック
    され、陰影ができた症状です。
     
     
    眼の下のクマ治療は、脱脂して下まぶたの
    靭帯を緩くすることが合理的です。
     
     
    今回は44歳の患者さまにご協力頂きました。
    ありがとうございます。
     
    眼の下のクマ(baggy eyelids)

     
     
    ①まずは眼窩脂肪を摘出します。取り過ぎないことがコツ。

     
     
    ②次に、影を作る原因となる靭帯(TTL)を緩くします。

    Plastic Surgery  PRINCIPLES AND PRACTICE
    PART Ⅷ Esthetic Surgery より引用
     
     
    摘出した眼窩脂肪です。

     
     
    脱脂+靭帯剥離した直後です。

     
     
     
    手術前          手術1年4ヶ月後

     
     
    この患者さまは、ヒアルロン酸、PRPなどの追加治療は
    していません。
     
    tear troughの原因となる靭帯を緩めれば、
    脱脂術のみで良好な形態になります。
     
    解剖学的に理にかなった手術をすればよいのです。
     
     
    ルーチンで脂肪注入をするのはナンセンスではないで
    しょうか?
     
    なによりも手術料金が跳ね上がりますよね(涙)
     
    経結膜脱脂術の基本は程ほどの脱脂靭帯を緩める
    操作です。

ページの先頭へ