名古屋市鶴舞の皮膚科・美容外科
SSクリニック

MENU

Copyright © SS Clinic.

診療だより

しみ(ルビーレーザー)

  • 炎症後色素沈着について再考

    2010-11-10 UP!     カテゴリー:しみ(ルビーレーザー), 診療だより

    炎症後色素沈着について考えました。
     
    葛西先生は言われました。
    「消えない炎症後色素沈着はない」。
     
    下腿のうっ滞性皮膚炎で生じる炎症後色素沈着が消退しないのは皮膚炎が続いている
    からでしょう。これは理解できす。
     
    レーザー後の炎症後色素沈着は必ず消退するのでしょうか?
    これが今回のテーマです。
     
    43歳のビューティフルガールです。右眼の外側に大きなシミ(褐色斑)があります。

     
    近くの皮膚科&美容外科でレーザー治療を受けたそうです。
    いったんはある程度きれいになったそうです。
     
    治療したクリニックで相談したほうがよいですよと弱腰の説明をしたところ、
    「向こうの先生からもう来なくていいと言われちゃいました・・・」。
     
    経過からすれば炎症後色素沈着を考えます。
    しかし、レーザー照射から1年近く経過しているのです。
     
    通常、顔面のレーザー後の炎症後色素沈着は6ヶ月くらいで消退します。
    再発か、取り残しか? それともヤグ(YAG)のタタリか?
     
    悩んでも解決しません。伝家の宝刀Qスイッチルビーレーザーで照射しました。
    照射10日後です。色素斑はきれいに取れました。

     
    照射2ヵ月後です。
    施術後もかなりケアしていましたが、炎症後色素沈着(もどりシミ)が出てしまいました。

     
    3ヶ月経過すれば薄くなるだろうとタカをくくっていました。
    ルビーは世界最高峰のレーザーですから。
     

    照射5ヶ月です。よけい濃くなってるよ、なんでだよ!

     
    電子カルテを見ると 5J の照射となっています。照射パワーが弱かったかな~、オレって
    やぶ医者じゃんと落ち込みました。1年たっても薄くならなければ再照射を考えました。
     
    照射して1年が経過しました。消えました!!

     
     
    葛西先生の名著「シミの治療」の中で炎症後色素沈着についての記載があります。
    炎症後色素沈着は顔が6ヶ月、上肢・軀幹が1~2年、下肢が3~4年で消退するようです。
     
    今回の症例のように顔の炎症後色素沈着が消退するのに1年近く要するケースが
    あります。いい経験をさせて頂きました。
     
    消退を信じて1年がまんできるか?
     
    条件が3つあります。もちろん私見ですが。
     
    ・信用できるQスイッチレーザーを使用していること。
    ・十分な照射パワーで照射してIWP(白くなる現象)を確認していること。
    ・患者さんと医師サイドの十分な信頼関係があること。
     
    それにしても私を信用してずっとクリニックに通院してくれたKさん、ありがとう。

ページの先頭へ